SAL

フットサル全力応援メディア

MENU

ブルーノ・ジャパンの挑戦
SAL LINE公式アカウント
SALペディア
2020.07.24

【#Fリンピック 中間発表】“前半戦”が終了し、6クラブの中で暫定1位に立っているのは……。

PHOTO BY軍記ひろし

明日、25日から後半戦がスタート!

7月13日からクラブ対抗SNS動画企画「#Fリンピック」の第一弾が開幕している。

競技は、バー当て対決。使えるボールは一球で、3人1組でバー当てを行いその時間を競い合う、撮り直しなしの一発勝負だ。

トップバッターの名古屋オーシャンズの記録は58.24秒。2日おきに1クラブずつチャレンジしていき、2番手となったシュライカー大阪は1分20.29秒という結果に。

しかしそれよりも5秒下回ってしまった湘南ベルマーレが1分25.74秒で現在、暫定で最下位に。

一方で、トップに立っているのが立川・府中アスレティックFCだ。動画内では、3人目の酒井遼太郎が当てた21.34秒と記載されているが、ルールは3人目がバーに当ててからストップウォッチを止めるまでの時間。

「これは審議」、「ルール間違えてる」といったツッコミがあったものの記録は28.65秒でF1の6クラブ内では暫定1位に。

また、F1のクラブ以外にF2の広島エフ・ドゥや稲田瑞穂が所属するFC大阪 楽笑といった地域リーグのクラブも参戦。中でも広島は3人全員が一発で当て、18.36秒という驚異的な記録を残した。

“後半戦”最初のクラブは、7月25日(土)のフウガドールすみだ。残り6クラブのどこが優勝するのか。今後も目が離せない。

F1クラブの結果とスケジュールは以下のとおり

立川・府中アスレティックFC  21.34秒→28.65秒
上福本俊哉×上村充哉×酒井遼太郎

ペスカドーラ町田 38.84秒
伊藤圭汰×二井岡嵩登×髙橋裕大

エスポラーダ北海道 53.48秒
吉田愁平×佐藤辰之介×鶴岡広之

名古屋オーシャンズ 58.24秒
星翔太×西谷良介×橋本優也

シュライカー大阪 1分20.29秒
加藤未渚実×田村友貴×井口凛太郎

湘南ベルマーレ 1分25.74秒
ロドリゴ×内村俊太×高溝黎磨

画像

▼ 関連リンク ▼

▼ 関連記事 ▼

▼ tag list ▼

Close Bitnami banner
Bitnami