SAL

フットサル全力応援メディア

MENU

ブルーノ・ジャパンの挑戦
SAL LINE公式アカウント
SALペディア
2020.09.13

【両チーム記者会見/F1第13節 名古屋 vs 立川・府中】大量得点と大量失点。注目の対決は明暗別れる結果に。

PHOTO BY高橋学

9月13日、武田テバオーシャンアリーナでFリーグ2020-2021 ディビジョン1 第13節 名古屋オーシャンズ vs 立川・府中アスレティックFCの試合が行われた。試合の結果、名古屋が7-0で勝利。試合後、オンラインで記者会見が行われ両チームの監督とキャプテンが出席した。

■この試合のハイライトはこちら(ABEMAビデオ)

立川・府中がハーフタイムで修正をしてきた

フエンテス監督(名古屋オーシャンズ)

──試合を振り返って。

とてもポジティブな結果を得ることができたと思っています。特に前半、立ち上がりの5分からチームのプレッシャーだったりプレーの質が高く、うまく相手を封じることができました。カウンターへ素早く移行することもできましたし、攻撃の面でも非常に安定していたと思います。そういう意味でも6-0で折り返すことができました。

後半に入ってもやるべきこと考え方は変わらず、継続していきましたが立川・府中がハーフタイムで修正をしてきた印象がありました。私たちは前からプレッシャーをかける中、1列目を突破されるシーンが出てきました。そこでうまく前からいくプレスを修正して継続と考えていましたが、突破する形が立川・府中はうまく出来上がっていたのでハーフに守備ラインを一度下げて体制を立て直していました。失点なく終わらせることができたということもいいところでしたので、ラスト10分くらいはハーフコートでうまく凌げた。展開的に相手がボールを持つ時間も増えましたがうまくそこはコントロールできていた。その中で1得点奪えましたし、無失点だったことはチームとしてメリットのあるゲームだったと思います。

──7-0で完封勝利を収めましたが、次節以降へ向けて今のチームにあえて課題を挙げるなら?

まだリーグ戦が始まって2試合目です。長いプレシーズンを通して取り組んできたことがありますが、試合をやっていくうちに経験を積んで課題が出て成長していく。その中でまだ2試合目なので、課題は一つではないと思います。セットプレーに関しても、攻撃に関しても、守備に関しても全体的なところで成長できる部分はあります。なので今は来週に向けても全体的なところをブラッシュアップしていく大枠のところは変わらず、ポイントで相手に合わせるスタンスではなく、全体の部分を磨いていくつもりです。

──12月に予定されていたAFCフットサルクラブ選手権が中止となりましたがそのことについては?

その大会は国内大会とは違い、国を代表して戦うので違う味のある大会ですので中止が決まってしまい残念な気持ちです。ですがその決定に関してはいろいろな要因があると思います。コロナの関係でいろいろな方が考えて最終的には中止が適切だという結論に至った。そこに関しては自分は何もできない部分でもあるので、私たちはしっかりと準備をして、その大会にまた出られると良いなと思っています。私たちのやるべきことは今を大事にして、今のトレーニングを継続して成長すること。成長したオーシャンズがその大会に出場できるようにするだけですね。

星龍太(名古屋オーシャンズ)

──試合を振り返って。

立川・府中より僕たちの方が試合に早く入り込めた方がこの試合で勝てた要因になったのかなと。前半は6-0で、後半は1-0ですけども、先ほど監督の言った通りポジティブな面が多かった。勝って修正できるということはいいことだと思うので、引き続き継続していきたいです。

──12月に予定されていたAFCフットサルクラブ選手権が中止となりましたがそのことについては?

残念な気持ちはありますが、今の状況を考えたら難しいのはわかっています。なのでそこまでは気にしていないです。今は臨機応変に対応していくことが大事だと思います。

0-6で諦めていた選手はいなかった

山田マルコス勇慈監督(立川・府中アスレティックFC)

──試合を振り返って。

自分の想定、予測した中でここまで前半の流れが悪いのは初めての体験でした。ですがグループのポテンシャルがあると信じています。ただし(今日の結果を)受け止めないといけない。なんとか改善重ねてチームの状況を良くするために頑張っていきたい。監督としてもチームをまた上位に戻すために努力してもっともっと頑張っていきたいと思います。

──前半、0-6でハーフタイムを迎えましたがどんな声かけ、指示をしましたか?

まず、やることはブレずにもう一度整えていこうと伝えました。システムの修正を振り返って説明したこともそうですし、攻撃もこういう組み合わせでもう少し安定していこうと話しました。ですが大きなシステムの変化ではなく、もう一度最初のゲーム感に戻そうと、悪い雰囲気を消して、リセットしたつもりで点を取りに行こうというスタンスでした。もちろん選手の中には0-6で諦めた選手は一人もいません。その気持ちもプラスアルファにして耐えましたが残念ながらそれでも足りなかった。今日の経験を次節に向けて生かしたいと思います。

上村充哉(立川・府中アスレティックFC)

──試合を振り返って。

無失点で抑えるのはフットサルでは難しいことです。ですが開幕戦から数えて2試合目で1点も入ってません。点を取らないと勝てない。もちろんディフェンスもそうですが、点を取るために一人ひとりがどう向き合っていくかが大事だと思います。

▼ 関連リンク ▼

▼ 関連記事 ▼

Close Bitnami banner
Bitnami