SAL

フットサル全力応援メディア

MENU

ブルーノ・ジャパンの挑戦
SAL LINE公式アカウント
SALペディア
2020.09.16

【日本代表】バルドラール浦安とのトレーニングマッチで、逆転負けを喫する……。

PHOTO BY軍記ひろし

日本代表は16日、千葉県の高円宮記念JFA夢フィールドでバルドラール浦安とトレーニングマッチを行った。2月に行った国際親善試合・パラグアイ代表戦以来7カ月ぶりとなる実戦は、3-4で敗戦となった。

※今シーズンから前半・後半の表記は前半=第1ピリオド、後半=第2ピリオドがFリーグで使用する正式表記となります。

試合終盤、パワープレーで猛攻を仕掛けるが……

スターティングメンバーとしてピッチに立ったのは、GK篠田龍馬、FP星翔太、吉川智貴、加藤未渚実、安藤良平。試合は第1ピリオド2分にコーナーキックを得た日本代表が、安藤のゴールで先制する。

しかし4分、西谷良介が底辺で運んでいるところに浦安の大島旺洋が足を出し、ボールはそのままゴールへ。スコアは1-1となり、ふりだしに。

相手コートでアグレッシブにプレスをかけにいき、追加点を狙う日本代表だが浦安の固い守備に攻めあぐねていたが、15分に6つ目のファールによって第2PKを獲得。森村孝志がこれを沈めて2-1とする。

ここから突き放していきたいところだったが、16分に浦安の加藤竜馬に右サイドを突破されると、ループシュートを決められ再び追いつかれる。

17分、今度は日本代表が6つ目のファールで浦安に第2PKを与えてしまう。これを決められ、2-3と逆転されてしまいビハインドでハーフタイムを迎える。

第2ピリオド、GKは篠田に代わって関口優志がピッチへ。皆本晃、加藤未渚実、室田祐希、平田ネトアントニオマサノリがスタートで出場した。

まずは追いつきたい日本代表。ボールを長く持ちゴールへ迫り続けるが、27分にカウンター攻撃を受け、さらに失点を重ね2-4に。その後、様々な組み合わせでセットを組みメンバーを送り込むが、浦安のゴールを割れず残り5分を切ったところで皆本をGKにパワープレーを開始。

37分に西谷のミドルが決まり1点差に詰め寄る。しかしそれ以上ゴールネットを揺らすことができず試合終了。代表チームがクラブチームに敗れる結果となった。

【フットサル日本代表 メンバー】

監督:ブルーノ・ガルシア(日本サッカー協会ナショナルコーチングスタッフ)
コーチ:木暮賢一郎(日本サッカー協会ナショナルコーチングスタッフ)
コーチ:鈴木隆二(日本サッカー協会ナショナルコーチングスタッフ)
GKコーチ:内山慶太郎(日本サッカー協会ナショナルコーチングスタッフ)
フィジカルコーチ:下地達朗(日本サッカー協会ナショナルコーチングスタッフ)

GK
篠田龍馬(名古屋オーシャンズ)
関口優志(名古屋オーシャンズ)

FP
星翔太(名古屋オーシャンズ)
西谷良介(名古屋オーシャンズ)
皆本晃(立川・府中アスレティックFC)
星龍太(名古屋オーシャンズ)
安藤良平(名古屋オーシャンズ)
吉川智貴(名古屋オーシャンズ)
森村孝志(フウガドールすみだ)
室田祐希(ペスカドーラ町田)
加藤未渚実(シュライカー大阪)
堀内迪弥(シュライカー大阪)
八木聖人(名古屋オーシャンズ)
平田ネトアントニオマサノリ(名古屋オーシャンズ)
石田健太郎(バルドラール浦安)
中田秀人(フウガドールすみだ)

▼ 関連リンク ▼

▼ 関連記事 ▼

Close Bitnami banner
Bitnami