SAL

フットサル全力応援メディア

MENU

ブルーノ・ジャパンの挑戦
SAL LINE公式アカウント
SALペディア
2020.09.20

【F1試合結果&順位】名古屋、町田、大分が開幕2連勝!東京ダービーでは前代未聞の珍事も!?

PHOTO BY高橋学

9月12日、13日と19日に各会場でFリーグ2020-2021 ディビジョン1が6試合行われた。

※今シーズンから前半・後半の表記は前半=第1ピリオド、後半=第2ピリオドがFリーグで使用する正式表記となります。

町田会場で3試合が行われる

12日、シュライカー大阪は丸善インテックアリーナ大阪で昇格チームのY.S.C.C.横浜と対戦した。一時は2-2の接戦となるが第2ピリオド残り9分を切ったところで、大阪がさらに2点を決めて4-2。ホームで今季初の勝ち点3を手にした。

翌日、リーグ4連覇を目指す名古屋オーシャンズは、武田テバオーシャンアリーナでのホーム開幕戦で立川・府中アスレティックFCと対戦。試合は、第1ピリオド6分までに名古屋が大量5得点を決める波乱の展開に。40分を終えて、スコアは7-0。立川・府中に完勝を収めた。

その翌週、べっぷアリーナで1試合、町田市立総合体育館で3試合が行われた。

昨シーズン2位のバサジィ大分はボアルース長野に6-2で勝利。試合終盤に2失点を喫したものの大分が4点差で勝利を収め開幕2連勝となった。

ホーム開幕戦となったペスカドーラ町田は昇格組のボルクバレット北九州と対戦した。試合は第1ピリオド1分24秒に町田が先制点を決められるが、第1ピリオドのうちに2得点を返して一時逆転。しかし第1ピリオド終了間際に失点を許してしまい2-2で試合を折り返す。第2ピリオドは、クレパウジ・ヴィニシウスのハットトリックを含む4得点が町田に決まる。終盤にGKをFPと交代する捨て身のパワープレーを北九州に仕掛けられるが、そこでの失点を1に抑えた町田が6-3で勝利をした。

町田会場での2試合目、立川・府中とフウガドールすみだによる東京ダービーが行われた。白とブラウンのチェック柄のユニフォームの立川・府中と白のユニフォームのすみだの試合、第1ピリオドは1-1の同点で折り返す。ハーフタイムを経て迎えた第2ピリオドだったが、すみだのフィールドプレイヤー全員が紺のシャツに着替えてくるという、前代未聞と言える珍事が起きた。

ユニフォームを変えてきたすみだは、第2ピリオド開始から1分でゴールを奪いリードしたものの、その後2失点を重ねて逆転されてしまう。残り3分を切ったところで、すみだがパワープレーを開始しその思惑通り同点弾が決まる。今度は立川・府中が勝ち越し点を決めるためにパワープレーを始めるが、それ以上両者に得点は生まれずダービーマッチは3-3に終わった。

この日最後の試合は、湘南ベルマーレ対バルドラール浦安。共にハードワークが持ち味とする両チームの対決は、第1ピリオド残り56秒に湘南が第2PKのチャンスを得る。これをロドリゴがしっかりと決めて先制。第2ピリオドも共にゴールへ迫り続ける両者だったが、互いに一歩も譲らずゴールが生まれない。そこで試合終盤、ビハインドの浦安がパワープレーを開始する。残り時間55秒に同点が決まったが、試合は1-1のままで終了。勝ち点1を分け合った。

試合の結果、順位表は以下のとおり

■試合結果

シュライカー大阪 4-2 Y.S.C.C.横浜

名古屋オーシャンズ 7-0 立川・府中アスレティックFC

バサジィ大分 6-2 ボアルース長野
ペスカドーラ町田 6-3 ボルクバレット北九州
立川・府中アスレティックFC 3-3 フウガドールすみだ
湘南ベルマーレ 1-1 バルドラール浦安

■順位表

■次週試合日程

9月22日(火・祝)
13:00 名古屋オーシャンズ vs シュライカー大阪

9月26日(土)
17:00 ボアルース長野 vs ペスカドーラ町田

9月27日(日)
10:00 シュライカー大阪 vs 立川・府中アスレティックFC
12:00 バサジィ大分 vs 湘南ベルマーレ
14:00 エスポラーダ北海道 vs バルドラール浦安
16:00 名古屋オーシャンズ vs ボルクバレット北九州

※ABEMA 9月の放送予定はこちら

▼ 関連記事 ▼

Close Bitnami banner
Bitnami