SAL

フットサル全力応援メディア

MENU

SALペディア
Fの主役は俺だ!
SAL LINE公式アカウント
ブルーノ・ジャパンの挑戦
2020.12.01

【日本代表/WEB取材】「個人的には今までで一番良い状態」。激化するGKのポジション争い。矢澤大夢が自分の居場所を確保するために必要なこととは。

PHOTO BYSAL編集部

千葉県 高円宮記念JFA夢フィールドで11月30日から12月2日にかけて行われる年内最後のフットサル日本代表候補トレーニングキャンプに、GKの矢澤大夢が関口優志と共に招集された。

ピッチに立てるGKは当然一人だけ。しかし今のFリーグには矢澤、関口以外にピレス・イゴールや篠田龍馬らが高いパフォーマンスを発揮している。そのため最も競争率の高いポジションと言える。

その少ない枠に3回連続で招集されている矢澤自身は何を感じているのだろうか。2日目の午前練習終了後に、矢澤のオンライン取材が行われた。

代表チームにどれだけ溶け込んで自分のベストプレーを出せるか

──ブルーノ監督が、最終メンバー2、3人の枠に対して5、6人で争っている状況を“嬉しい悲鳴”と話していました。矢澤大夢選手がこの争いに勝ち残りために何が必要だと感じていますか?

クラブで活躍するのはもちろんですが、代表合宿でより連携の取れたプレーを出すこと。具体的には、クリアランスや守備時のコーチングなど、代表チームにどれだけ溶け込んで自分のベストプレーを出せるかですね。

──昨シーズンはケガであまり出場できなかったが、今シーズンは開幕から出場し続けていますが今の状態はいかがでしょう?

個人的には、今までで一番良い状態。クラブでも結果を出せているので引き続きこの感じでいきたいです。

──では、チームとしてのパフォーマンスは?

チームも徐々によくなって、5連勝していて、失点も少なくなってきています。チームとして完成された形になってきました。ただ、上位陣と対戦してからは間が空いているので、そこと戦った際に、名古屋や立川・府中とどれくらいやれるか。そこまでは勝ち続けていけば、上位陣と戦うときに1巡目よりも成長したかがわかると思う。僕たちは日々成長して、もっと良いチームに仕上げたいです。

──先週の湘南ベルマーレ戦は3-0と完勝でした。その前の試合が空いたことは難しかったか、やりやすかったのか。

個人的には、1週間空いたことは関係なく、特に気になりませんでした。チームとしては、若手などはリズムが崩れることでコンディションの持っていき方が難しかったと思います。ただ、本来であれば合があった土曜日に紅白戦を持ってきて、そこに向けて試合と同じようなリズムで1週間の練習をしました。リズムが狂わないように監督もメニューなどを考えてくれたので良かったと思います。さらに、1週前の北海道戦は5-4の打ち合いとなり、守備の乱れがあったので、そこを2週間で細かく修正できたことも、湘南戦の無失点につながったのではないかなと思っています。

──自身の状態の良さや力を出せている部分。また自分で課題に感じているところは?

自分自身はシュートストップに自信を持っているので、そこは代表でも力を出せていると思っています。自分の課題は、バサジィではロングボールをよく使うので、自分からのスローを多用しますが、代表ではショートパスが主流なので、その使い分けがまだ難しいところ。できるだけ代表活動期間に馴染んで、クオリティを上げていけるように頑張っています。

──内山慶太郎コーチからどんなアドバイスを受け、明日のトレーニングマッチはどんなことを強調して試合に臨みますか?

細かいところですが、無意味にポジションを下げてしまう癖が僕にはあり、代表チームのGKに対しては、普段やってきたベースよりも高い位置でポジションを取ることを求められます。ブロック局面が増えるようなポジションどりをして、高い位置でブロックできるように、常に高い位置をとる。無意味にポジションを下げないようにと言われています。そこを意識して明日のすみだ戦に臨みたいと思います。

▼ 関連記事 ▼

Close Bitnami banner
Bitnami