SAL

フットサル全力応援メディア

MENU

SALペディア
Fの主役は俺だ!
SAL LINE公式アカウント
ブルーノ・ジャパンの挑戦
2020.12.02

【日本代表/WEB取材】ピッチ内外で代表チームをけん引する星翔太が来年に向けて意気込み。「本大会に向けて改善が必要な部分もある」

PHOTO BYSAL編集部

フットサル日本代表候補は2日、千葉県 高円宮記念JFA夢フィールドでフウガドールすみだとトレーニングマッチを行い3-2で勝利。年内最後の活動をいい形で締め括った。

試合後、不在の吉川智貴に代わりキャプテンを務め、代表歴の長い星翔太がオンライン取材に臨んだ。そこで今回のトレーニングキャンプを総括するとともに今年1年を振り返った。

まずは目の前のことに全力で取り組む

──今年は誰にとっても経験したことのない1年になりました。選手としても代表選手としても経歴の長い星選手から見てこの1年はどのような年になりましたか?

本当に特殊な年だったと思っていますし、誰にとっても難しい年だったなと思います。ただ代表は、ブルーノ監督もよく言っていることですが、まずは目の前のことに全力で取り組む。目標は常に準備をしていれば、後ろになろうが前になろうが大丈夫だという共通認識を全員が持っています。そこでのブレはありませんでしたが、強化に関してはクラブチームに2度負けているので苦しみはもちろんありました。ですが最終的に少しずつ上がって今日の試合の結果につながったと思っています。

──今年最後のトレーニングキャンプを終えて手応えは?

ケガ人が出て(田口)元気が新たに一人招集されましたが、前回とほぼ変わらないメンバーで、今日はメンタル的な部分では自信を持って臨めた試合でした。ただ、試合には勝ちましたがもっと点を取れるシーンはありましたしもっとゲームを落ち着かせられたシーンもありました。改善すべき点は積み重ねたものと同時に出てきます。全体的には自信を持って終えられましたが、本大会に向けて改善が必要な部分もあるなと感じた合宿でした。

──星選手が出ていた1stセットは西谷良介選手、皆本晃選手、仁部屋和弘選手といった代表歴の長い選手で占めています。改めて彼らとの連係面や手応えは?

もう何年一緒にやっているかわからないくらいだいぶ長いですからね(笑)。そういった意味ではそれぞれの特徴はわかっています。ただ、みんな良いやつなので、それぞれが譲り合う部分が普段の練習からでも出てしまっていた。そういうのをより良い形で試合ができるようにと4人で話し合ったりしていました。実際に試合ではかなりいい場面は作れましたがフィニッシュの部分で違いを出さなければいけないと同時に感じました。もう少しチームを楽にするような結果を出せるようなセットにしていきたいなと思います。メンバーとしては心地いいですけど、チームに貢献する結果を出さなければいけないとも感じました。

──所属する名古屋オーシャンズは試合が星龍太選手、吉川智貴選手がケガで抜けて、試合も間隔が空いています。新加入の選手も合流を果たしチームの状態はいかがでしょうか?

重要な2人が抜けてしまったことはチームにとっても日本代表にとっても間違いなく大きな痛手です。ですが名古屋は勝つことを指名づけられているクラブなので、2人がいなくても違った個性を持った選手がいて、若い選手もタレントを持っている。違う武器を持って試合に臨めています。ですが日程が特殊なので、いつもは疲労が溜まった状態で試合をしていましたが試合感というか、相手とのスピード感の違いはこの前の2試合(すみだ、ボルクバレット北九州戦)で感じました。テンポが合わず苦しんだ部分はありましたが(ガブリエル・)ペネジオも登録されて常に競争は起きています。次の試合までまた少し空きますが、そういった意味ではより良い状態を見せられるのではないかと思います。

▼ 関連記事 ▼

Close Bitnami banner
Bitnami