SAL

フットサル全力応援メディア

MENU

SALペディア
Fの主役は俺だ!
SAL LINE公式アカウント
ブルーノ・ジャパンの挑戦
2021.01.20

【現役引退】立川・府中のGK・田中俊則が14年のキャリアに幕。「最高に楽しいフットサル人生でした」

PHOTO BY高橋学

立川・府中アスレティックFCは20日、田中俊則が今シーズン限りで現役を引退すると発表。また、今後のキャリアを見据えた本人の希望もあり、クラブと双方合意の上で1月31日をもってチームを離れることになるそうだ。3月31日までは立川・府中の所属のままとなるそうで、2月1日以降のチーム活動に参加できるかは未定とのこと。

デビュー当時はデウソン神戸でプレー

現役引退を表明した田中はFリーグ初年度の2007年からデウソン神戸の選手としてプレー。神戸に5シーズン在籍し、2012年に府中アスレティックFCへ移籍した。

1月20日の時点でFリーグ通算286試合に出場。2015年にはFリーグオーシャンカップのタイトルを獲得していた。

クラブのプレスリリースを通じて田中は「Fリーグが開幕してから14年間、私を応援してくださった皆様。府中アスレティックFC、立川・府中アスレティックFCを応援してくださった皆様。本当にありがとうございました。最高に楽しいフットサル人生でした」とコメントを残した。

また、シーズン途中でチームを離れることについては「私のこの決断に快く承諾してくれたチーム、応援してくれたチームメイト、感謝しかありません。これからもチャレンジの精神を忘れず私らしく前向きに人生を歩んで行きたいと思います」とセカンドキャリアへの意気込みを語った。

クラブからのリリースは以下のとおり

田中俊則 選手 現役引退のお知らせ

この度、立川・府中アスレティックFC所属のGK 田中俊則 選手が、Fリーグ2020-2021シーズンをもちまして現役を引退することになりましたのでお知らせいたします。なお、田中俊則選手は今後のキャリアを見据えた本人の希望もあり、クラブと双方合意の上で2021年1月31日(日)をもってチームを離れることになります。
田中選手は2021年3月31日まで立川・府中アスレティックFC所属となりますが、2月1日(月)以降のチーム活動に参加できるかは未定となっております。

田中俊則選手コメント

「今シーズンをもってフットサル選手を引退いたします。
Fリーグが開幕してから14年間、私を応援してくださった皆様
府中アスレティックFC、立川・府中アスレティックFCを応援してくださった皆様
本当にありがとうございました。
最高に楽しいフットサル人生でした。

この度、引退に伴い、シーズンの途中ですが1月いっぱいで活動を終わらせていただきます。
私のこの決断に快く承諾してくれたチーム、応援してくれたチームメイト、感謝しかありません。

これからもチャレンジの精神を忘れず
私らしく前向きに人生を歩んで行きたいと思います。」

▼ 関連リンク ▼

▼ 関連記事 ▼

Close Bitnami banner
Bitnami