SAL

フットサル全力応援メディア

MENU

2021.01.30

【両チーム記者会見/F1町田 vs 名古屋】残り1秒まで無失点の名古屋が磐石の勝利。4年連続、13回目のリーグ制覇を達成する!

PHOTO BY高橋学

1月30日(土)、Fリーグ2020-2021 ディビジョン1のペスカドーラ町田 vs 名古屋オーシャンズが町田市立総合体育館で行われ、アウェイの名古屋が3-1で勝利。勝ち点を51に伸ばし、4年連続13回目のリーグ優勝が決定。試合後、記者会見が行われ両チームの監督とキャプテンが出席しました。

■この試合のハイライトはこちら(ABEMAビデオ)

名古屋の強みは一つのチャンスをものにする決定力

ルイス・ベルナット監督(ペスカドーラ町田)

──試合を振り返って

まずは名古屋に「優勝、おめでとうございます」と言いたいです。この勝利と今日のリーグ優勝に値する素晴らしい実績を持ったチームだと思います。第1ピリオドは自分たちの試合運びに関しては「勝ちたい」という強い気持ちが焦りに変わってしまい、うまく試合のコントロールができない時間が少しありました。第2ピリオドは自分たちの冷静さと強度の良い部分を残しつつ、ディフェンスに関してもいいプレスをかけて攻撃でもいくつかチャンスがありました。ですが少しのミスが常にリーグのトップを走る名古屋というチームは許してくれない。それが続いたことがうまくいかなかった要因だと思います。名古屋やバサジィ大分のような強いチームに一歩近づける証明ができ、今度の全日本選手権で前進する強い町田にしたいと思っています。今回、コロナ禍にも関わらずこうしてサポーターの皆さんが会場に来てくれて試合ができる喜びを感じましたし、彼ら一人ひとりのために感謝の気持ちを込めて勝利を収めることができませんでしたが、次の機会にいいものを見せることを心がけたいです。

──昨シーズンはヴァルチーニョ選手、ラファ選手といったタレントがいた中で今季のガブリエル・ペネジオ選手らは出場時間が短い。今季の名古屋の強みはどんなところにあると感じていましたか?

昨シーズンの点を取れる素晴らしい外国人選手は失ったかもしれないですけどシーズンを通して敗北は1つなので、補強で素晴らしいチームになっています。そのことを数字がで示しているのではないでしょうか。彼らの強みは一つのチャンスをものにする決定力。決定機を絶対に外さない力が彼らの勝利の源になっている。スカウティングではいかにチャンスを与えないか、ミスをいかにしないかという話をしていました。セットプレーなどのチャンスをもらいながらもそれらを生かせなかったことがこういった結果を招いてしまったと試合の後、選手たちにも話しました。どのチームを見ても名古屋のピヴォは一人ひとりがボールを収め技術、攻撃的な力がある。バリエーションを持っているチームなので結果を残せるチームなんだと思います。

金山友紀(ペスカドーラ町田)

──試合を振り返って。

町田の若い選手の勢いは少しは見せられたと思いますが、1試合を通して勢いだけでなく経験の部分、試合をコントロールする部分に差があったのかなと思います。ただ、こういう試合を重ねることでそういう経験を積み重ねていけると思うのでこの敗北、経験を糧に開催されると言われている全日本選手権へ向けて取り組んでいきたい。ですがその前に、明日またここで試合があるのでしっかり休みたいです。今日、思うようにいかなかった部分を見せていきたいです。

粘り強く負けないチームに変化できた

フエンテス監督(名古屋オーシャンズ)

──試合を振り返って。

今日の試合に関しては私たちが今シーズン積み上げてきたものを発揮できた試合でした。緊迫した内容で上位対決に相応しいゲーム展開でした。町田も戦術的なバリエーション持ったチームでしたが私たちはそれにしっかりと対応することができました。残念ながら残り1秒にパワープレーから失点してしまいましたけど全体的には悪くなかった。シーズンはまだ終わってませんがリーグ優勝という一つの大きな目標を達成することができたので選手、スタッフ一同には「お疲れ様」と伝えたい。非常にイレギュラーなシーズンの中で、苦労もありましたが努力やいろいろなサポートをしてもらいみんなでここまで来れたので皆さんに感謝したいです。

──1試合、1試合決勝のように戦うと話していましたが今シーズンの何が良くて何に苦労しましたか?

この状況に慣れていない不安定な部分はありました。私はどちらかというとシーズンを長期、中期的に計画的に立てていきますが今シーズンは自分のキャリアの中では一番短いスパンで立てていくシーズンでした。なので自分も慣れていないシーズンに対応していかなければいけなかった。大変でしたけど振り返ってみるといい部分ばかりで、自分も選手も学びは大きかったです。その学びでチームとしてより強くなったと思います。今まで味わえていなかったことを味わえたことで成長して、試合がうまく進まないときでも挽回して粘り強く負けないチームに変化できたと思っています。

星龍太(名古屋オーシャンズ)

──試合を振り返って。

終始気合の入った試合で1秒も気を抜けない試合でした。最後の失点もそうですけど、隙を見せてしまうとやはり失点に繋がってしまうので1試合通しての集中が求められた試合でした。上位対決に相応しくお客さんも楽しめた試合だったんじゃないかなと思います。この試合で優勝が決まりましたがイレギュラーなシーズンを過ごしてきて、優勝の意味がいつもとは違うなと感じます。なかなか喜び切れないところはありますがシーズン通してみんなで戦った結果なので喜んで、まだ残っている試合に向けてまた調整していきたいです。

──星選手もそうでしたが中心選手の負傷離脱や新戦力として期待されていた外国人選手の遅れもありました。その中でも何が良くてこの結果を勝ち取れたか?

ケガはだいぶ良くなりましたが試合勘は正直まだないなと感じます。自分たちのホームアリーナも変わったのでそういうところも含め、完璧なコンディションにするのにもう少しかかるなと思いますが悪くはないです。今日もそうですし、それ以外の試合でも外から見ているシーンは多かったですが、チームとしては粘り強い試合ができているなという印象です。どれだけこう着しても腐らずに戦っていますし、先に失点してしまうシーンが多くても取り返せている。こういったイレギュラーなシーズンを過ごしているから臨機応変に戦えていますし、どんな環境にも負けない精神が作り上げられていると思います。なので外から見ていて安心できましたし楽しかったです。

▼ 関連リンク ▼

▼ 関連記事 ▼

Close Bitnami banner
Bitnami