SAL

フットサル全力応援メディア

MENU

SALペディア
Fの主役は俺だ!
SAL LINE公式アカウント
ブルーノ・ジャパンの挑戦
2021.02.13

【両チーム記者会見/F1浦安 vs 大分】内容に反し、ゴール差は「8」と大差のついたゲームに。

PHOTO BY高橋学

2月13日(土)、Fリーグ2020-2021 ディビジョン1のバルドラール浦安 vs バサジィ大分が駒沢オリンピック公園総合運動場屋内球技場で行われ、大分が9-1で勝利。試合後、記者会見が行われ両チームの監督とキャプテンが出席しました

■この試合のハイライトはこちら(ABEMAビデオ)

自分たちのやろうとしている地盤はできていた

小宮山友祐監督(バルドラール浦安)

──試合を振り返って。

大差はつきましたけど、自分たちのやろうとしている地盤はできていたと思います。全体を通して、うまくハマれば自分たちの試合になると思いましたけど、うまくハマらなければこういう試合になると予想していました。ですがまさかここまで大差になるとは思いませんでしたが、大分と比べて自分たちの現状のレベルを認識しました。ただ、自分たちがやってきたことは間違っていないと思うのでこれからも信じてやり続けなければいけないと思います。ただ、結果を一番求められるリーグで戦っているので結果を出さなければ意味がない。積み重ねてきたものを成果として、結果として反映できるようにしていきたい。明日また試合があるので結果にこだわってやっていきたいです。

──内容は悪くなかったと思いますが結果は大差で敗れてしまいました。選手たちは自信を失ってしまいそうなスコアですが、メンタル面でのケアはどのようにしていこうと考えていますか?

常に言ってますが100%でやった結果がこれであれば受け入れるしかないと思います。できた部分とできなかった部分に関してはピッチで戦った選手は私以上に感じているはずです。フットサルってすごく難しいスポーツだなと思うところは、流れがある中でいい攻撃をしていても一発のミスで失点してしまうし、全然攻めれていなくても一回取れればチャンスがある。そういう準備を大分はしてきて、逆にうちは一発を仕留める準備が足りなかった。それが足りないなら伸ばすだけなので悲観する必要はないです。

ただ、明日には改善できているかというのはなかなか難しいですが、選手たちには「思い切りやれ」と伝えました。体をぶつけるとか、スライディングするとか、シュートを打つとか、クリアをするとか、思い切ったプレーが必要だったかなと。外から見ていて、若干迷っているというか綺麗に決めようとしていたところが見えました。そのあたりは大分の選手の方ががむしゃらに迫力持ってプレーしていました。それが浦安の足りないところとだと選手も認識していると思うので今後が重要です。ここで下を向いたらただの負け犬だと思いますし、下を向く必要性は全くない。それは自分もそうだし、仲間もそうだし、チームとしてやってきたことが間違ってないというのは信じるしかない。

結果が出ればより信じやすいですけど、結果が出ないからおっしゃる通り自信を失ってしまう部分はあると思います。僕らは優勝を狙う順位でもないので自分に何ができて何ができなかったを精査する必要がある。もちろん、負けた責任は重く受けていますが自分たちがやってきたことは間違っていないと信じてますし、明日勝って結果で表したいと思います。

加藤竜馬(バルドラール浦安)

──試合を振り返って。

失い方が悪かったかなという印象です。向こうのカウンターは全部入ってしまって、こちらのカウンターはなかなか入らなかった。失い方はまだ改善の余地があるので明日同じミスをしないように、同じ試合にならないように、選手間でしっかり話し合ってまた明日の試合に臨みたいです。

スコアほどの差があるゲームではなかった

伊藤雅範監督(バサジィ大分)

──試合を振り返って。

スコアほどの差があるゲームではなかったと思います。小さな差が最後、パワープレーという勝負に出たところでスコアの差がついたと思います。全日本フットサル選手権もあるので、修正できるところはしっかりと修正して全日本選手権でいい結果を出せるように準備したいです。

森洸(バサジィ大分)

──試合を振り返って。

内容が良かったわけではないですが、前回対戦時からの課題を修正して戦うことができて、しっかりと勝ち点3を奪えたことは良かったと思います。

▼ 関連リンク ▼

▼ 関連記事 ▼

Close Bitnami banner
Bitnami