SAL

フットサル全力応援メディア

MENU

2021.02.22

【両チーム記者会見/F1大阪 vs 大分】来週、全日本フットサル選手権で対決する同士の“前哨戦”。結果はシュライカーに軍配!

PHOTO BY高橋学

2月20日(土)、Fリーグ2020-2021 ディビジョン1のシュライカー大阪とバサジィ大分による試合が駒沢オリンピック公園総合運動場屋内球技場で行われ、大阪が3-1で勝利。試合後、記者会見が行われ両チームの監督とキャプテンが出席しました。

■この試合のハイライトはこちら(ABEMAビデオ)

戦う闘争心をゲームで体現してくれた

永井義文監督(シュライカー大阪)

──試合を振り返って

大分さんと対戦するときは、こういうゲームがいつも多くて我慢比べになると思っていました。個人、個人、似たキャラクターを持った選手が多いので拮抗した激しい球際のぶつかり合いになると予想された中で選手たちは戦ってくれた。守備のところ、攻撃のところ、セットプレーのところ、全日本フットサル選手権に向けてパワープレーをしてこなかった大分さんとか、いろいろな背景はありますけども、すべてをひっくるめて選手が大分の選手に立ち向かった。戦う闘争心をゲームで体現してくれた。それが1番の勝因だったと思っています。

──今日、勝ちましたがパワープレーをしてこなかった大分に不気味さは感じましたか?

のらりくらりというか、大分さんのペースはこの試合に限ったことではなく、彼らは常に一定のペースで一定に試合を運んできます。パワープレーの攻撃を見せなかったことに関しては、恐らく全日本選手権のところで自分たちの手札を見せたくなかったと思います。ただ、それでも彼らのあのペースに飲まれてゲームを敗戦につなげてしまった試合はどのチームでも見てきましたし、アウェイで戦ったときは自分たちも同じでした。主導権を握ってボールを持っていても、小門(勇太)選手の長距離のシュートで決められてしまって、これだけ主導権を握っていたのになぜか勝てなかったという試合が前回でした。一番最初の話に戻りますが、球際などで彼らの良さを潰し、ディフェンスの部分、オフェンスの部分を徹底したから彼らは通常通りで、自分たちが上回ったと感じたゲームでした。

田村友貴(シュライカー大阪)

──試合を振り返って。

以前、大分と対戦したときは0-1で負けていました。1敗した相手には必ず2敗目はしないようにとやってきていて、最終節なので勝つことで順位が上がる状況だったので、勝てたことはよかったと思います。難しいゲームでしたが、自分たちがすべきことをピッチで体現できたと思います。

相手の方が上だった。素直に相手を祝福したい

伊藤雅範監督(バサジィ大分)

──試合を振り返って。

力負けかなと思っています。相手の方が上だったと思うので、素直に相手を祝福したいです。

──今日の試合、もちろん勝ちにいったと思いますが来週から控える一発勝負の大会に向けて何か隠していた戦術はありますか?

「ある」と言いたいですけど、残念ながらそういうのはないです。自分たちの山には大阪さんと立川・府中アスレティックFCさんがいて、レベルとしては両チームの方が上かなと認識しています。ただ、自分たちもリーグ2位という誇りがあるので次のラウンドに進める権利を来週の2日間で確保したいと思います。

森洸(バサジィ大分)

──試合を振り返って。

勝って終わりたかったというのが本音ですけど、残念ながら勝つことができなかった。自分たちの勝つ意欲は見せられたかと、自分たちに問いかけなければいけないところですが、来週、全日本フットサル選手権があるのでそこに向けてまたしっかりと準備していきたいです。

──来週、同じ相手と対戦しますが今日出た課題とどう向き合い準備していきますか?

自分たちの力を出し切ることができれば勝利に近づくことができると思う。もちろん相手のスカウティングも大事ですがそれよりも自分たちの力を発揮したいと思います。

▼ 関連リンク ▼

▼ 関連記事 ▼

Close Bitnami banner
Bitnami