SAL

フットサル全力応援メディア

MENU

2021.03.12

【移籍情報】エスポラーダ北海道が主力の小島翼を含む5名の退団を発表。それぞれが新しい挑戦を決意。

PHOTO BY高橋学

10日、エスポラーダ北海道は堺頼人、吉田愁平、小島翼、松井槙吾、髙山賢太の退団を発表した。

堺は19歳ながら大きな決断

退団の発表された堺は帯広北高校サッカー部から北海道へ加入し、今シーズンは22試合中18試合に出場。2得点を決め、「1年間という短い期間ではありましたが、今後の人生においてとても貴重な経験をさせていただきました」とプレスリリースを通じてコメント。「これからはフットサル選手としてではなく、新しい道で様々なことに挑戦して頑張って行こうと思います」と19歳ながら大きな決断をした。

同じく帯広北高校出身で、Fリーグ選抜から復帰した吉田も主力としてプレーしていたが退団が決定。「チームを支えてくださったスポンサー様、ファン、サポーターの方々がいたからこそ自分はプレーできていた」とコメントを残し「これからも自分らしく明るく、様々なことにチャレンジしていこうと思います」と決意を口にした。

さらには小島の退団も決定。「この度、エスポラーダ北海道を退団し新しい挑戦をすることに決めました。3年間、最高の仲間に恵まれ、かけがえのない時間を過ごす事ができました」と挨拶。「大好きなはずのスポーツで、ネガティブな感情が生まれ、楽しめなくなっていた」としてフットサルで幸せになるために新しいモチベーションを見出すために退団という決断に至ったそうだ。

3人の他、エスポラーダ北海道セカンドから昇格した松井と特別指定選手の髙山も退団。松井は「短い期間でしたがとても濃い経験をすることができました。今後はこの経験を活かして、新たな目標に向かって頑張っていきます」と次なる挑戦を決意。

リーグ戦に8試合出場した髙山はリリースを通じて「エスポラーダ北海道の一員としてFリーグの舞台でプレーできたことはこの先一生忘れません」と語った。

それぞれの選手が新しい道ので挑戦を決意。チームにとっては大きな痛手になるが、毎年ポテンシャルある北海道出身の若手選手の発掘、育成をしている。彼らに代わる戦力を揃え上位進出を果たせるだろうか。

クラブからのリリースは以下のとおり

退団選手のお知らせ

この度、Fリーグ2020-2021シーズンをもちまして、5名の選手が退団することとなりましたのでお知らせいたします。今後の彼らの活躍を期待するとともに、エスポラーダ北海道への変わらぬご声援をよろしくお願いいたします。

~退団~

≪ NO.4 堺 頼人(FP)≫

■生年月日:2002年2月11日(19歳)
■出 身 地:北海道七飯町
■前 所 属:帯広北高等学校サッカー部
■各年成績:【Fリーグ登録数・得点】※通算18試合2得点
(F2020)18試合2得点

≪堺選手のコメント≫
今シーズンをもちましてエスポラーダ北海道を退団することになりました、堺 頼人です。1年間という短い期間ではありましたが、今後の人生においてとても貴重な経験をさせていただきました。金井監督をはじめとするスタッフの皆さん、チームメイト、スポンサー様、応援してくださったファン、サポーターの皆様には本当に感謝しています。これからはフットサル選手としてではなく、新しい道で様々なことに挑戦して頑張って行こうと思います。1年間ありがとうございました。今後とも、エスポラーダ北海道への応援をよろしくお願いします。

≪ NO.5 吉田 愁平(FP)≫

■生年月日:1999年9月2日(21歳)
■出 身 地:北海道帯広市
■前 所 属:帯広北高等学校サッカー部
■各年成績:【Fリーグ登録数・得点】※通算79試合11得点
(F2018)27試合3得点 (F2019)32試合5得点 (F2020)20試合3得点

≪吉田選手のコメント≫
今シーズン限りでエスポラーダ北海道を退団することになりました、吉田 愁平です。エスポラーダ北海道でプレーできたことをとても誇りに思います。そして、共に戦ったチームメイト、スタッフには感謝しかありません。また、いつも変わらずチームを支えてくださったスポンサー様、ファン、サポーターの方々がいたからこそ自分はプレーできていたんだと思います。本当にありがとうございました。これからも自分らしく明るく、様々なことにチャレンジしていこうと思います。3年間ありがとうございました!

≪ NO.7 小島 翼(FP)≫

■生年月日:1991年10月23日(29歳)
■出 身 地:北海道札幌市
■前 所 属:ADERIZA札幌
■各年成績:【Fリーグ登録数・得点】※通算77試合12得点
(F2018)27試合3得点 (F2019)29試合5得点 (F2020)21試合4得点

≪小島選手のコメント≫
この度、エスポラーダ北海道を退団し新しい挑戦をすることに決めました。3年間、最高の仲間に恵まれ、かけがえのない時間を過ごす事ができました。苦しいとき、支えになってくれたファン、サポーターの皆様には本当に感謝しています。そして、結果で恩返しすることができず申し訳ありません。自分がフットサルを続けている理由は、フットサルが好きだからです。それ以上の理由はありません。暇さえあればボールを蹴りに行きたい人間です。ですが、その大好きなはずのスポーツで、ネガティブな感情が生まれ、楽しめなくなっていた自分が、心の底から嫌でした。フットサルで幸せになるために新しいモチベーションを見出すことが必要だと思い、今回の決断をしました。エスポラーダで培ったものを今後のフットサル人生に生かしていきたいと思います。最後に、今シーズンもコロナ禍の中、たくさんの応援をありがとうございました!今後もFリーグ、そしてエスポラーダ北海道への応援をどうぞよろしくお願いいたします。またどこかでお会いしましょう。

≪ NO.21 松井 槙吾(FP)≫

■生年月日:2002年2月27日(19歳)
■出 身 地:北海道札幌市
■前 所 属:エスポラーダ北海道セカンド
■各年成績:【Fリーグ登録数・得点】※通算16試合得点なし
(F2020)16試合得点なし

≪松井選手のコメント≫
この度、今シーズンを持ってチームを退団することになりました、松井 槙吾です。セカンドチームを含めて3年間エスポラーダ北海道に関わることができ、とても嬉しく思います。セカンドからトップチームへ昇格させてくださった金井監督をはじめとするチームスタッフ、チームメイト、ファンの方々には感謝しかありません。トップでは短い期間でしたがとても濃い経験をすることができました。今後はこの経験を活かして、新たな目標に向かって頑張っていきます。3年間応援していただきありがとうございました。

≪ NO.23 髙山 賢太(FP)≫ ※特別指定登録選手

■生年月日:1998年10月9日(22歳)
■出 身 地:北海道札幌市
■所 属 元:エスポラーダ北海道セカンド
■各年成績:【Fリーグ登録数・得点】 ※通算8試合得点なし
(F2020)8試合得点なし

≪髙山選手のコメント≫
今シーズン限りでエスポラーダ北海道を退団することになりました、髙山 賢太です。セカンドチームを含め、約2年間という短い期間でしたが、たくさんの方々にサポートしていただいたおかげで選手として成長することができました。 スタッフ、チームメイトに恵まれ、素晴らしい環境でフットサルをすることができ、とても幸せでした。エスポラーダ北海道の一員としてFリーグの舞台でプレーできたことはこの先一生忘れません。応援してくださったスポンサー様、ファン、サポーターの皆様、本当にありがとうございました。

▼ 関連リンク ▼

▼ 関連記事 ▼

Close Bitnami banner
Bitnami