SAL

フットサル全力応援メディア

MENU

2021.03.28

【移籍情報】F2初代得点王・田口剛志がボアルース長野を退団。「結果で恩返しできず申し訳ありませんでした」

PHOTO BY高橋学

28日、ボアルース長野は田口剛志の退団を発表した。

2018シーズンは14試合で21得点!

退団の発表された田口が最初に長野へ入団したのは2015年。2016シーズン終了後、出身の和歌山へ戻りセットスター和歌山で1シーズンプレー。その後長野へ復帰しそのシーズンは14試合に出場し21得点を記録。長野をF1昇格に導いた。

そんな田口だが今シーズンは19試合で2得点。リリース内では「結果で恩返しできず申し訳ありませんでした」とコメントを残し「このクラブに関わる全ての方には感謝しかありません。本当にありがとうございました」と挨拶した。

クラブからのリリースは以下のとおり

田口剛志選手 退団のお知らせ

このたび、当クラブ所属の田口剛志選手が2020シーズンをもって、退団することが決定いたしましたので、お知らせいたします。

2015年、北信越リーグ初優勝、全日本フットサル選手権北信越大会初優勝から、一度は地元和歌山へ戻りましたが、再び長野でプレー。初代F2リーグ得点王に輝き、リーグ優勝と1部昇格に貢献した田口剛志選手の新たなステージでの活躍に期待すると共に、変わらぬご声援のほどよろしくお願いいたします。

田口剛志選手(TAGUCHI Tsuyoshi)/勤務先:長野市役所

生年月日:1994年7月24日
ポジション:FP
出身地:和歌山県
身長/体重:173㎝/61㎏
所属チーム経歴:
2015年度~2016年度 ボアルース長野
2017年度~2017年度 セットスター和歌山
2018年度~     ボアルース長野(F2リーグ初代得点王)

■コメント

今シーズン限りでボアルース長野を退団することになりました。
地域リーグ時代を含め約5年間お世話になりました。
厳しい状況の中でも変わらず応援、サポートいただき、ありがとうございました。
結果で恩返しできず申し訳ありませんでした。

このクラブに関わる全ての方には感謝しかありません。

本当にありがとうございました。

▼ 関連リンク ▼

▼ 関連記事 ▼

Close Bitnami banner
Bitnami