SAL

フットサル全力応援メディア

MENU

2021.04.26

【日本女子代表/WEB取材】ユース五輪はバックアップメンバーで参加できなかった北嶋笑。「銀メダルを間近で見た悔しさから奮起してやってきました」

PHOTO BY

4月22日から25日まで、千葉県・高円宮記念JFA夢フィールドでトレーニングキャンプを行った日本女子代表。2020年10月以来、6カ月ぶりとなった活動を終えて、監督や選手は何を感じたのか。25日、4日間のトレーニングを終えた、福井丸岡ラックに所属する北嶋笑がオンライン取材に応じた。

──────────────────
【関連記事】

【日本女子代表/WEB取材】杉山藍子が意識した3年前のアジア選手権メンバーとしての振る舞い。「練習に対する姿勢やマインドは、常に自分が一番で見せられるように」

【日本女子代表/WEB取材】4年前にフットサルを始めた32歳の得点女王・筏井りさ。「WEリーグにも刺激を受けています。もっと自分のレベルを上げたい」

【日本女子代表/WEB取材】木暮賢一郎監督が考えるコロナ禍のチームビルディング。「FPは今回と次回で32名の招集を予定しています」

【日本女子代表】“木暮なでしこ5”が2021年の活動をスタート!3年前の“ユース五輪世代”から5人がメンバー入り

──────────────────

もっと個人を磨いて、世界で戦える体づくりをしていく

──A代表は初招集ですが、キャンプに参加してみてどうでしたか?

いつも対戦しているチームの選手と一緒にプレーできて良い経験になりましたし、レベルの高さを感じました。

──木暮賢一郎監督から何か伝えられたことはありますか?

守備の練習をしたのですが「寄せ」については、あと一歩ができていないので、「そこをもう一歩寄せろ」といったことは伝えてもらいました。

──今回の招集に際して、福井丸岡ラックの先輩たちから何かメッセージをもらいましたか?

高尾(茜利)選手、北川(夏奈)選手からは、「自分の良さを思い切り出して楽しんできな」と。

──楽しめましたか?

はい、楽しめました。

──北嶋選手は普段、どのような活動をしているのでしょうか?

今年で社会人2年目で、働きながらプレーをしています。

──2年前のユース五輪ではバックアップメンバーでした。同世代の選手が世界を舞台に活躍する姿をどのように見ていたのでしょうか。そして、ようやくA代表の候補に選ばれて、どのように感じていますか?

ユース五輪では、同年代の仲間が同じチームからも出場しましたし、銀メダルを獲得してすごいなと。それと同時に、自分も行きたかった、プレーしたかったという気持ちがありました。銀メダルを間近で見た悔しさもあり、そこから奮起したところもあったので、こうして代表候補に選ばれてすごくうれしいです。

──どんなことを心がけてきたのでしょうか?

ユース五輪組や、高尾選手や北川選手が代表合宿から帰ってきたときに「強度が高い」と言っていましたし、日頃からそのレベルで練習しないと代表で通用しないと思っていたので、普段から強度の高さを意識してきました。

──今後の意気込みをお聞かせください。

今はまだ代表候補ですが、日本代表に選ばれて、海外の試合やアジア選手権で活躍できるように、もっと個人を磨いて、世界で戦える体づくりをしていかないといけないと思っています。もっと練習して頑張りたいと思います。

▼ 関連リンク ▼

▼ 関連記事 ▼

Close Bitnami banner
Bitnami