SAL

フットサル全力応援メディア

MENU

SALペディア
Fの主役は俺だ!
SAL LINE公式アカウント
ブルーノ・ジャパンの挑戦
2021.07.08

「この賞は、共に働くテクニカルスタッフ・選手・そしてJFAのみなさまと分かち合いたい」。ブルーノ・ガルシア代表監督がスペインの最優秀海外指導監督賞を受賞!

PHOTO BY軍記ひろし

ブルーノ・ガルシア代表監督がスペインのANEFS(全国フットサル指導者協会)主催の2020-2021シーズン 最優秀海外指導監督賞を受賞。日本サッカー協会(JFA)は8日、ブルーノ監督のコメントを発表した。

W杯での活躍にも期待

この賞は過去にヘスス・カンデラス氏やタイ代表のホセ・マリア・パソス・メンデス監督が受賞。スペイン出身でフットサルの世界的な名将がこの賞を受賞してきた。

そんな賞を受賞したブルーノ監督は、JFAを通じて「この栄誉ある賞をいただき、大変光栄に感じております」とコメント。「この賞は、共に働くテクニカルスタッフ・選手・そしてJFAのみなさまと分かち合いたいと思います。今回の受賞は彼らなくしてあり得ないことでした」とJFAのスタッフ陣に対し感謝の気持ちを伝えた。

日本代表は新型コロナウイルスというピッチとは別の困難に立ち向かいながら9月に開催されるワールドカップを目指しており、ブルーノ監督は「“代表”から、“代表チーム”になり、“ファミリーメンバー”という関係性になった」とチームとしての一体感を強調している。

スペインの栄誉ある賞を受賞した“ブルーノ・ジャパン”がW杯本大会でどんな番狂わせを起こすか。スペインのみならず世界的にも注目が集まる。

JFAからの発表は以下のとおり

フットサル日本代表ブルーノ・ガルシア監督 スペイン 2020-2021シーズン 最優秀海外指導監督賞を受賞

フットサル日本代表のブルーノ・ガルシア監督がスペインのANEFS(全国フットサル指導者協会)主催の2020-2021シーズン 最優秀海外指導監督賞を受賞しました。この賞はスペインのフットサル指導者による投票で受賞者を決定するもので、過去にはFIFAフットサルワールドカップ2016でイラン代表を初の3位へ導いたJesús Candelas氏やウズベキスタン代表、タイ代表の監督を歴任したJ.M. PAZO MENDEZ氏など、フットサル界の名だたる名将が受賞してきた名誉な賞となります。

ブルーノ監督が率いるフットサル日本代表は今年9月に開催されるFIFAフットサルワールドカップ リトアニア2021の出場権を獲得し、日本にとっては2大会ぶり5回目のワールドカップ出場を予定しています。

監督コメント

ブルーノ・ガルシア 監督(JFA)
ANEFS(全国フットサル指導者協会)によるこの栄誉ある賞をいただき、大変光栄に感じております。特にこの賞への投票がプロの同僚や仲間によるものということで喜びも大きく、大変感謝しています。この賞は、共に働くテクニカルスタッフ・選手・そしてJFAのみなさまと分かち合いたいと思います。今回の受賞は彼らなくしてあり得ないことでした。また、世界でのスペイン指導者の威信を保つ取り組みを続ける指導者仲間である皆さんに捧げたいと思います。ありがとうございました。

▼ 関連リンク ▼

▼ 関連記事 ▼

Close Bitnami banner
Bitnami