SAL

フットサル全力応援メディア

MENU

2021.11.04

ブルーノ・ジャパンのフィジカルを支えた下地達朗氏が退任。「5年間もあっという間の出来事だった」

PHOTO BY高橋学

日本サッカー協会(JFA)は11月2日、フットサル日本代表のコーチングスタッフを務めた下地達朗氏が10月31日をもって退任したことを発表した。

3つのカテゴリーでフィジカルコーチを務める

2007年からシュライカー大阪のフィジカルコーチを務めていた下地氏は、Fリーグ2016-2017シーズンにはリーグ優勝を経験。

同年の2016年から日本代表のフィジカルコーチに就任し、シュライカー大阪と日本代表で活動してきた。2018年にシュライカー大阪を退団した後は、女子代表、U-20代表のフィジカルコーチも兼任した。

退任に際し、「振り返れば5年間もあっという間の出来事だったと思います」と下地氏は振り返った。さらに、「代表チームの一員として、ピッチ上で君が代を歌えたこと、選手とサポーターとともに戦えたことは本当に誇りです。充実した幸せな時間を過ごすことができました。皆様、本当にありがとうございました。これからも日本のフットサルの発展を願っています」とコメントした。

鈴木隆二氏に続き、下地氏も日本代表のコーチングスタッフを離れることになった。

リリースは以下の通り

FIFAフットサルワールドカップリトアニア2021に出場したフットサル日本代表のコーチングスタッフを務めた下地達朗氏が、10月31日をもって退任しましたのでお知らせします。

下地達朗フィジカルコーチプロフィール

名前

下地 達朗(しもじ たつあき/SHIMOJI Tatsuaki)

出身地

沖縄県

選手歴

<サッカー>
2000年~2003年 沖縄県宮古高等学校
2003年~2007年 関西医療大学
<フットサル>
2003年~2007年 関西医療大学

指導歴

2007年~2009年 NPO法人ゼッセル熊取アスレチッククラブ U-15 コーチ
2007年~2014年 シュライカー大阪 トレーナー
2014年~2018年 シュライカー大阪 フィジカルコーチ
2016年~2021年 フットサル日本代表 フィジカルコーチ
2018年~2021年 フットサル日本女子代表、U-20フットサル日本代表 フィジカルコーチ

資格

2007年 鍼師・灸師
2015年 ピリオダイゼーション スペシャリスト Level 3(World Football Academy)
2016年 日本サッカー協会公認フットサルC級ライセンス
2016年 日本サッカー協会公認C級ライセンス
2017年 AFCフットサルフィットネスコーチングコースレベル1

下地達朗フィジカルコーチコメント

2016年からフットサル日本代表の、そして2018年からはフットサル日本女子代表とU-20フットサル日本代表でもフィジカルコーチとして活動させていただき、この度契約満了という形で10月末をもって退任となりました。代表チームスタッフ、選手、フットサル関係者、並びにサポーター、家族に感謝しています。
振り返れば5年間もあっという間の出来事だったと思います。ブルーノ監督をはじめ3人の監督の下で国内キャンプや海外遠征、大会出場など、とても貴重な経験ができました。そこには多くの学びがあり、成長することができました。未熟なところもあり、至らない点もあったかと思いますが、温かいサポートを受けて過ごすことができました。
代表チームの一員として、ピッチ上で君が代を歌えたこと、選手とサポーターとともに戦えたことは本当に誇りです。充実した幸せな時間を過ごすことができました。皆様、本当にありがとうございました。これからも日本のフットサルの発展を願っています。

▼ 関連リンク ▼

▼ 関連記事 ▼

▼ tag list ▼

Close Bitnami banner
Bitnami