SAL

フットサル全力応援メディア

MENU

2021.11.05

【負傷情報】Y.S.C.C.横浜の松井大輔が練習中に内閉鎖筋損傷のケガ。全治2〜3週の離脱に。

PHOTO BY高橋学

11月4日、Y.S.C.C.横浜は松井大輔選手の負傷状況を発表した。

11月1日の練習中に負傷

リリースによると松井は、11月1日のトップチーム練習中に内閉鎖筋損傷のケガをし、全治2〜3週の離脱となった。

松井は中断期間明けの9月にサッカーからフットサルへの転向という形でY.S.C.C.横浜に入団した。10月8日に行われた湘南ベルマーレ戦でFリーグ初出場を果たし、ここまで3試合に出場していた。ベトナムでの3ヶ月のロックダウンによる自宅隔離があり、コンディション面も加味されて出場時間は短かったが、徐々にフットサルに順応してきて、ここから出場時間を伸ばしていきたいところでの負傷離脱となってしまった。

クラブからのリリースは以下のとおり

No.22 松井大輔選手のけがについて

いつもY.C.C.C.横浜フットサルへご声援いただき誠にありがとうございます。
松井大輔選手の怪我につきましてご報告いたします。

背番号: 22
選手名: 松井大輔
受傷日時:2021年11月1日 トップチーム練習にて
受傷名:内閉鎖筋損傷
全 治:2~3週間

▼ 関連リンク ▼

▼ 関連記事 ▼

Close Bitnami banner
Bitnami