SAL

フットサル全力応援メディア

MENU

2021.11.30

【負傷情報】ボルクバレット北九州の前鈍内マティアスエルナンが左膝前十字靱帯断裂の大ケガ。全治8カ月の離脱に。

PHOTO BY高橋学

11月29日、ボルクバレット北九州は前鈍内マティアスエルナンの負傷状況を発表した。

11月下旬に手術は無事終了

リリースによると前鈍内は、10月30日のY.S.C.C.横浜戦で左膝の前十字靭帯断裂のケガをし、全治8カ月の離脱となった。11月下旬に手術は無事終了しているとのこと。

前鈍内は、今シーズンよりシュライカー大阪から北九州に移籍加入。開幕戦から中心選手として活躍しており、ここまで10試合に出場して3ゴールを挙げていた。

復帰までには約8カ月を要するため、今シーズンの復帰は絶望的。来シーズン中の復帰を目指すことになりそうだ。

クラブからのリリースは以下のとおり

前鈍内 マティアス エルナン 選手の負傷について

10月30日(土)Fリーグ第11節 Y.S.C.C.横浜戦にて負傷した前鈍内選手について、下記の通り診断を受けましたのでお知らせいたします。

■診断名:左膝前十字靱帯断裂
■全治見込み:8ヶ月

11月下旬に無事手術は終了しております。

▼ 関連リンク ▼

▼ 関連記事 ▼

Close Bitnami banner
Bitnami