SAL

フットサル全力応援メディア

MENU

2021.12.03

湘南ベルマーレが島村毅の追加登録を発表。松井大輔に続きもう一人元JリーガーがFリーグに参戦!

PHOTO BY舞野隼大

12月1日、湘南ベルマーレは島村毅のFリーグ登録が完了を発表した。

武器は強い気持ち、強いフィジカル、強いヘディングの3本柱

島村は早稲田大学サッカー部から2008年にJリーグの湘南に入団。「湘南の虎」と呼ばれ、当初はフォワードでプレーしていたが菅野将晃元監督にディフェンスへコンバートされる。

CBのポジションが定着しJリーグ通算通算200試合出場19得点。2018年シーズン限りで現役を引退していた。

その後はクラブで営業スタッフ兼スクールコーチとして勤務しながら社会人チームの藤沢ユナイテッドでプレー。そんな中、Fリーグの湘南から「戦力として考えている。サッカーとフットサルの競技の垣根を超えて、フットサル界とフットサルクラブを盛り上げてほしい」とオファーを受けフットサルのトップリーグの選手として現役復帰を決意した。

10月に行われた入団会見で島村は「また大観衆の前でたくさんの人に応援してもらいプレーして、ゴールを決めたらめちゃくちゃ気持ちいだろうなという欲求に駆られた」と意欲を語っていた。

Y.S.C.C.横浜に元サッカー日本代表の松井大輔が入団し、Fリーグに参戦したことで「松井選手と比べられると荷が重いというか、テクニックは足元にも及ばないかもしれない」と話しながらも「強い気持ちと強いフィジカルと強いヘディングの3本柱で頑張ってみようと思っている」と意気込んだ。

記者会見では「目標はフットサル日本代表か?」という質問も飛んだが、「一試合一試合でのゴールが目標。ゴールを取るのが好きで、小田原アリーナでたくさんの方たちの前でゴールを決めたいというのが復帰の決め手にもなった」と話していた。

入団後すぐに腰を負傷してしまっていたそうだが、その後練習に合流を果たし12月1日付でFリーグへの登録が完了。3日の立川・府中アスレティックFC戰から出場可能になった。

クラブからのリリースは以下のとおり

【2021-2022シーズン】島村毅選手 Fリーグ登録追加のお知らせ

島村毅選手のFリーグ登録が完了いたしましたのでお知らせいたします。
なお、島村選手は12月3日(金)開催の「Fリーグ2020-2021 ディビジョン1第17節立川・府中アスレティックFC戦」より出場可能となります。

■島村 毅(Tsuyoshi Shimamura)

【背番号】30
【ポジション】FP
【生年月日】1985年8月10日(36歳)
【出身地】埼玉県
【身長/体重】183cm/78kg
【キャッチコピー】湘南乃虎

【サッカー経歴】
越谷PCキッカーズ ⇒ 越谷FC ⇒ 早稲田実業高 ⇒ 早稲田大 ⇒ 湘南ベルマーレ ⇒ 徳島ヴォルティス ⇒ 湘南ベルマーレ
・J1・J2通算200試合出場19得点
・J1・84試合出場(6得点)
・J2・116試合出場(13得点)
※2020シーズン〜2022シーズン在籍
藤沢ユナイテッド(神奈川県社会人サッカーリーグ3部所属)
・2020シーズン 1試合出場2得点
・2021シーズン  1試合出場1得点

▼ 関連リンク ▼

▼ 関連記事 ▼

▼ tag list ▼

Close Bitnami banner
Bitnami