SAL

フットサル全力応援メディア

MENU

2021.12.14

【負傷情報】名古屋オーシャンズの関口優志が左膝前十字靭帯断裂の大ケガ。全治6カ月の離脱に。

PHOTO BY高橋学

12月14日、名古屋オーシャンズは関口優志の負傷状況を発表した。

名古屋の守護神が長期離脱に

リリースによると関口は、12日に行われたバサジィ戦で左膝前十字靭帯断裂のケガをし、全治6カ月の離脱となった。13日から行われている新生・木暮ジャパンのトレーニングキャンプメンバーにも選ばれていたが、ケガにより辞退していた。

復帰までには約6カ月を要するため、来シーズン中の復帰を目指す。名古屋が登録しているゴレイロは関口と篠田龍馬の2人。当面の間は“もう一人の正ゴレイロ”篠田がゴールを守り、クラブはサテライトから新しい選手の登録を急ぐことになりそうだ。

クラブからのリリースは以下のとおり

関口優志選手の怪我について

関口優志選手の怪我につきまして以下の通りご報告いたします。

背番号:2
選手名  :関口 優志
生年月日 :1991.10.24
身長・体重:176cm / 71kg
受傷日 :12月12日(日) Fリーグ2021-2022 第18節 バサジィ大分戦
受傷名 :左膝前十字靭帯断裂
全 治 :全治6ヶ月

▼ 関連リンク ▼

▼ 関連記事 ▼

Close Bitnami banner
Bitnami