SAL

フットサル全力応援メディア

MENU

2021.12.23

湘南ベルマーレの選手3名が新型コロナウイルス陽性判定。26日のバサジィ大分戦が延期に

PHOTO BY高橋学

23日、湘南ベルマーレはトップチーム所属選手3名が新型コロナウイルス感染症の陽性判定を受けたと発表。26日の第20節バサジィ大分戦の延期が決定した。

3名を除く選手・スタッフは検査の結果待ち

クラブの発表によると陽性が確認されている3名を除くその他のトップチーム選手・スタッフもPCR検査を実施し、結果を待っている状況とのこと。

その後のクラブの状況に関しては今後準備が整い次第、正式に発表がある。また、延期になった大分戦の代替日についても決定次第発表されるそうだ。

クラブからのリリースは以下のとおり

トップチーム所属選手の新型コロナウイルス感染症の陽性判定および試合の延期について

この度、弊クラブトップチーム所属選手3名が新型コロナウイルス感染症の陽性判定を受けましたのでお知らせいたします。
なお、陽性が確認されている3名を除くその他のトップチーム選手・スタッフもPCR検査を実施し、結果を待っている状況です。その後のクラブの状況に関しましては正式に発表できる準備が整い次第、順次お知らせしてまいります。
この度は多大なるご心配をおかけいたしますこと、大変申し訳ございません。
また、下記の試合につきましては試合の延期が決定いたしました。当該試合の代替日につきましては決定次第お知らせいたします。
■延期が決定した試合
Fリーグ 2021-2022 ディビジョン1 第20節
12月26日(日)12:00キックオフ
バサジィ大分 vs 湘南ベルマーレ
@サイクルショップコダマ大洲アリーナ
試合を楽しみにされていたファン・サポーターの皆さまには、心よりお詫びを申し上げます。
クラブはこれまで取り組んできた新型コロナウイルス感染症対策をさらに強化し、選手、スタッフ、関係者全員に再度、感染症防止策の周知、徹底をはかってまいります。

▼ 関連リンク ▼

▼ 関連記事 ▼

Close Bitnami banner
Bitnami