SAL

フットサル全力応援メディア

MENU

2022.01.08

新年早々クライマックスを迎えるFリーグディビジョン1!優勝&残留条件まとめ

PHOTO BY高橋学

今シーズンのF1リーグも終盤戦に突入。名古屋オーシャンズと湘南ベルマーレがリーグ優勝を懸けて、エスポラーダ北海道とボアルース長野が残留を懸けて争っている。

※なお、リーグ成立要件は『1回戦総当たりが成立している場合』に限る。現時点では、第9節と第20節のY.S.C.C.横浜vs立川・府中アスレティックFCの試合が開催されていないため、下記の条件を満たした場合でも優勝(残留)は決定しない。

優勝&残留条件は…

■順位表(2021年12月29日終了時点)

1 名古屋 42 13 3 2 65 28 37
2 湘南 39 12 3 4 67 37 30
3 大分 31 9 4 6 60 55 5
4 浦安 31 9 4 7 68 66 2
5 町田 30 8 6 5 59 46 13
6 大阪 29 8 5 6 55 43 12
7 すみだ 27 7 6 7 56 49 7
8 立川・府中 27 8 3 7 34 44 -8
9 北九州 25 7 4 9 42 52 -10
10 横浜 20 5 5 8 42 47 -5
11 北海道 12 3 3 14 37 76 -39
12 長野 8 2 2 16 32 74 -42

勝ち点45で首位に立つ名古屋はバルドラール浦安、ボアルース長野との試合を残している。一方、勝ち点39で2位の湘南はシュライカー大阪戦、延期分のバサジィ大分戦と最終節・ペスカドーラ町田戦の3試合が控えている。

名古屋と湘南の優勝条件を以下にまとめた。前提として、湘南の最大勝ち点は48。

名古屋オーシャンズの優勝条件
・2戦全勝→勝ち点51

・1勝1分→勝ち点49

・1勝1敗→勝ち点48
湘南が3戦全勝(勝ち点48)の場合は得失点差

・2分けの場合→勝ち点47
湘南が3試合で勝ち点8以内

・1分1敗の場合→勝ち点46
湘南が3試合で勝ち点7以内
湘南が勝ち点7(2勝1分)を得た場合は得失点差

・2敗の場合→勝ち点45
湘南が3試合で勝ち点6以内
湘南が勝ち点6(2勝1敗)を得た場合は得失点差

湘南ベルマーレの優勝条件
・3戦全勝→勝ち点48
名古屋が1勝1敗の場合→勝ち点で並ぶため得失点差7を上回れば優勝
名古屋が2分以下の場合→名古屋は勝ち点47のため湘南が優勝

・2勝1分→勝ち点46
名古屋が2敗の場合→優勝
名古屋が1敗1分の場合→勝ち点46で並ぶため得失点差7を上回れば優勝

・2勝1敗の場合
名古屋が2連敗→勝ち点で並ぶため得失点差7を上回れば優勝

同じように、残留争いも残り2節を前に熾烈を極めている。現時点でF1残留が確定していないのは勝ち点12で11位のエスポラーダ北海道と勝ち点8で最下位に沈むボアルース長野。

長野がボルクバレット北九州、名古屋との2試合で連勝した場合に得られる総勝ち点は14。したがって北海道はY.S.C.C.横浜か大分に1勝でもできればその時点で残留を決めることができる。逆に長野は1試合でも負けてしまえばその時点で最下位が確定。F2王者・しながわシティとのFリーグ2021-2022 ディビジョン1・2入替戦へと回ることになる。

北海道と長野の残留条件は以下のとおり。前提として、長野の最大勝ち点は14。

エスポラーダ北海道の残留条件
・1勝→勝ち点15
・2分→勝ち点14
長野が2戦全勝の場合→勝ち点で並ぶため得失点差を上回れば残留
・1分→勝ち点13
長野が2試合で勝ち点4以下の場合→残留
・2敗→勝ち点12
長野が2試合で勝ち点4以下
長野が勝ち点4(1勝1分)を得た場合は得失点差

ボアルース長野の残留条件
・2戦全勝→勝ち点14
北海道が1分1敗以下→長野が残留
北海道が2分→勝ち点で並ぶため得失点差3を上回れば残留
・1勝1分→勝ち点12
北海道が2敗→得失点差3を上回れば残留

▼ 関連記事 ▼

Close Bitnami banner
Bitnami