SAL

フットサル全力応援メディア

MENU

2022.01.15

【負傷情報】シュライカー大阪の相井忍が右膝関節外側半月板損傷・軟骨損傷・タナ障害のケガ。全治8週間の離脱に。

PHOTO BY高橋学

14日、シュライカー大阪は相井忍の負傷状況を発表した。

今季は16試合に出場し8ゴール

リリースによると相井は、12月5日に行われたバルドラール浦安戦で右膝関節外側半月板損傷・軟骨損傷・タナ障害のケガをし、全治8週間程度の離脱に。相井は1月12日に手術を終えたとのことだ。

今季はここまで16試合に出場し8ゴールを挙げていた相井だが、復帰までには手術日より8週間を要することに。そのため全日本フットサル選手権での復帰を目指してリハビリに取り組んでいく。

クラブからのリリースは以下のとおり

相井忍選手ケガについて

12/5(日)バルドラール浦安戦で負傷した相井忍選手ですが、下記の通り診断されましたのでお知らせ致します。

右膝関節外側半月板損傷・軟骨損傷・タナ障害

全治8週間程度を要する見込(手術日より)

手術日:1月12日(水)

▼ 関連リンク ▼

▼ 関連記事 ▼

Close Bitnami banner
Bitnami