SAL

フットサル全力応援メディア

MENU

2022.01.21

【移籍情報】「シュライカー大阪というチームでプレーをすることができて幸せでした」。檜山昇吾が今季で大阪を退団

PHOTO BY高橋学

21日、シュライカー大阪は檜山昇吾の今シーズン限りでの退団を発表した。

今季は14試合に先発出場

退団が発表されたは檜山は、2018-2019シーズンにシュライカー大阪に加入。正GKとしてチームを支えてきたが、近年は怪我に悩まされていた。

今シーズンは14試合に先発出場したものの満足のできる結果ではなかった。檜山はクラブHPを通じて「気づけばもう30歳。チームを引っ張っていくべき立場にも関わらず昨シーズン、今シーズンの丸2年間怪我に苦しみ自分自身もどかしさを感じることが多く、その中でもチームの力になれなかったことが心残りです」とコメント。

また、「このクラブを通じて関わってくださった方々には本当に感謝しています。特に、一緒に戦った仲間であるチームメート、現場スタッフ、フロントスタッフ、スポンサーのみなさま、サポーター・ファンの方々には感謝の気持ちでいっぱいです」と感謝の意を伝え「シュライカー大阪というチームでプレーをすることができて幸せでした」と語った。

クラブからのリリースは以下のとおり

No.21檜山昇吾選手、退団のお知らせ

この度、Fリーグ2021-2022シーズンをもって、檜山昇吾選手が退団することとなりましたのでお知らせいたします。
■背番号:21

■選手名:檜山昇吾

■生年月日:1991年9月19日
今シーズンをもってシュライカー大阪を退団することになりました。
このクラブを通じて関わってくださった方々には本当に感謝しています。特に、一緒に戦った仲間であるチームメート、現場スタッフ、フロントスタッフ、スポンサーのみなさま、サポーター・ファンの方々には感謝の気持ちでいっぱいです。
選手として未熟な自分を受け入れていただき、成長させてもらい、嬉しいこと、悔しいこと、みんなで喜び合ったこと、様々な事を経験させてもらいました。
そして、気づけばもう30歳。チームを引っ張っていくべき立場にも関わらず昨シーズン、今シーズンの丸2年間怪我に苦しみ自分自身もどかしさを感じることが多く、その中でもチームの力になれなかったことが心残りです。
良い事も悔しいこともありましたが、このクラブを通じてたくさんの素晴らしい出逢いがあり、シュライカー大阪というチームでプレーをすることができて幸せでした。
また、コロナ禍の中たくさんの方々のご尽力のおかげでリーグ戦を終えることができたことを感謝しています。
これからもこの素晴らしいクラブであるシュライカー大阪の応援をよろしくお願いいたします。
4年間本当にありがとうございました。

▼ 関連リンク ▼

▼ 関連記事 ▼

Close Bitnami banner
Bitnami