SAL

フットサル全力応援メディア

MENU

2022.01.29

しながわシティの選手12名、スタッフ3名が新型コロナウイルス陽性判定……。入替戦へコンディション調整が求められる

PHOTO BY高橋学

28日に、しながわシティはトップチーム所属選手12名、スタッフ3名の陽性判定が確認されたことを発表した。

リーグ戦の全日程は消化済み

リリースによると、1月24日にトップチーム所属選手2名が、医療機関のPCR検査にて新型コロナウイルス感染症の陽性判定を受けた。この検査結果を受け、チームとしてPCR検査を行ったところ、選手12名、スタッフ3名の陽性判定が確認された。現在は症状の有無に関係なく適切な指導、対策のもとで療養をしている。

しながわシティはすでにリーグ戦の全試合を行なっていたため、試合の延期等の影響はなかった。しかし、開催予定であるディビジョン1・2入替戦に向けてコンディション調整が求められる。

クラブからのリリースは以下のとおり

日頃より、しながわシティへ熱いご声援・ご支援ありがとうございます。

1月24日にトップチーム所属選手2名が、医療機関のPCR検査にて新型コロナウイルス感染症の陽性判定を受けました。当該の選手につきましては、発熱などの症状があり、現在は適切な対策のもとで療養しております。

また、陽性判定を受けまして、クラブ独自のPCR検査を行ったところ、選手12名、スタッフ3名の陽性判定が確認されました。

現在、症状の有無関係なく、適切な指導、対策のもとで療養をしております。

今後につきましては、引き続き、新型コロナウイルス感染症対策を再徹底し、関係各所のご指導のもと、活動スケジュールの確認を行っていきます。

ファン・サポーターの皆様、クラブをご支援していただいている皆様に、多大なるご迷惑とご心配をおかけしていることを心よりお詫びいたします。

▼ 関連リンク ▼

▼ 関連記事 ▼

Close Bitnami banner
Bitnami