SAL

フットサル全力応援メディア

MENU

2022.02.01

【監督退任】広島エフ・ドゥの村上哲哉監督が今季限りで退任。「決断した理由は、就任5年でリーグ優勝できなかった事、そして…」

PHOTO BY軍記ひろし

広島エフ・ドゥは31日、村上哲哉監督が今シーズン限りで退任すると発表した。

5シーズンに渡って広島を指揮

今シーズン限りでの退任が決まった村上監督は、現役引退後の2017-2018シーズンに広島の監督に就任し、5シーズンに渡って指揮を執ってきた。5年以内のF2リーグ優勝を目指したが達成することはできなかった。リーグ戦が終了し、全日本選手権前のタイミングでの退任発表となった。

リリースでは「決断した理由は、就任5年でリーグ優勝できなかった事、そして自分自身が理想とするチームに近づける事ができなかった事です」と退任の理由を説明。

また「コロナ禍においても、いつもチームを温かく支援してくださるスポンサーの方々、そしてサポーター、チーム運営してくれるスタッフ、会場設営にご協力いただいたチーム関係者、皆さんの支えがあったからこそ、たくさんの壁を乗り越える事ができました。心から感謝申し上げます」と感謝の意を述べた。

クラブからのリリースは以下のとおり

村上監督退任のお知らせ

村上哲哉監督が今シーズンをもって退任することが決定しましたのでお知らせいたします。

これまでたくさんの応援、ありがとうございました。

【 監督コメント 】

今シーズンもたくさんの応援ありがとうございます。チームからリリースがありましたように、今シーズン限りで広島エフドゥを離れる決断を致しました。

決断した理由は、就任5年でリーグ優勝できなかった事、そして自分自身が理想とするチームに近づける事ができなかった事です。

これは全て自分自身の力不足です。

思い返せば、2017年3月現役引退後、広島に拠点を移し、エフドゥ監督に就任。

同時にジュニア世代のスクールを立ち上げ、チーム認知度をあげるために様々な課題と向き合いながら、全力で戦って参りました。

就任当時、フットサルそしてエフドゥを知らなかった子どもたちが、5年経った今、子どもたちが選手に憧れ、フットサルが大好きになり、試合を観に来てくれるようになりました。

感無量です。

5年間、様々な経験を積ませていただいたチームには感謝の気持ちでいっぱいです。

そして、5年間共に戦ってくれた選手たち。

全国各地から広島エフドゥの為に集まってきてくれた選手たち!

広島育ちで、広島のためにトップを目指し戦ってきてくれた選手たち!

熱が入り、時には厳しく指導する事もありましたが、選手たちは、必死にフットサルと向き合い、チームのために戦ってくれました。

みんなと共に笑い、涙を流した日々は大きな財産です。ありがとう。

これからは、更なる成長を目指し、そして自分の強みを信じ、たくさんの方々に笑顔、勇気を届けていけるよう、全力でチャレンジし、夢を追いかけ前へ進みます。

最後に、コロナ禍においても、いつもチームを温かく支援してくださるスポンサーの方々、そしてサポーター、チーム運営してくれるスタッフ、会場設営にご協力いただいたチーム関係者、皆さんの支えがあったからこそ、たくさんの壁を乗り越える事ができました。

心から感謝申し上げます。

このチームでの戦いは、3月に行われる全日本選手権が最後となります。

このメンバーで1試合でも多く戦えるように、最後まで全力で戦って参ります。

5年間、皆様に支えられ最高の時間でした。この瞬間を共に出来、本当に幸せでした。

感謝、感謝です。

広島エフドゥ監督 村上哲哉

 

▼ 関連リンク ▼

▼ 関連記事 ▼

Close Bitnami banner
Bitnami