SAL

フットサル全力応援メディア

MENU

2022.03.04

互いの命運が懸かる入替戦。“前半戦”はしながわが逆転で勝利!

PHOTO BY高橋学

ボアルース長野のF1残留か、しながわシティの昇格か──。

クラブの、選手の命運が懸かるFリーグ2021-2022 ディビジョン1・2 入替戦の第1戦が4日、駒沢オリンピック公園総合運動場 屋内球技場で行われた。

■この試合のハイライトはこちら(ABEMAビデオ)

CKから白方、佐藤が長野の牙城崩す

リモートマッチ(無観客試合)で行われたこの試合、ウォーミングアップの時点から独特の緊張感が両チームから漂っていた。

そんな空気のまま、試合はキックオフ。立ち上がりからしながわが長野を押し込んだ。しかし長野のGK・山口友輔による好セーブと、有江哲平らフィールドプレイヤーたちによる身体を張った粘り強い守備によってゴールネットを揺らせないでいた。

スコアが動いたのは第1ピリオド11分のことだった。長野が左サイドでコーナーキックを得ると、中央にいた松原祥太がシュートを放つ。一度は相手GKに阻まられながらも、松原は自分の近くへこぼれてきたボールを押し込んで長野が先制した。

しながわとしては、1点を追いかける展開のまま第1ピリオドが終了。0-1でハーフタイムを迎えた。第2ピリオドも立ち上がりからしながわが主導権を握り、佐藤建也や白方秀和らがゴールを狙うも山口の牙城を崩せず時間だけが経過していく。

しかし34分、しながわに待望の同点弾が生まれた。

左サイドでコーナーキックを獲得すると、サカイ・ダニエル・ユウジの浮き球に白方が右足で合わせ、低めに抑えられたシュートがゴールへ吸い込まれた。強度を落とすことなく攻め続けた結果、獲得したセットプレーでしながわがついにゴールを引き寄せた。

そして残り時間1分16秒、しながわが逆転に成功する。右コーナーキックから佐藤が狙い澄ましたシュートをファーサイドのネットへと突き刺し、2ゴール目を決める。入替戦の第一戦はこのままリードを守り抜いたしながわが2-1で勝利を収めた。

だが、まだ80分あるうちの“前半戦”が終わっただけ。何も決まっていない。

試合後、ピッチサイドでクールダウンをする両チームの選手たちは試合を振り返って、あの場面ではどうすべきだったかと選手同士で意見を擦り合わせていた。そこに、気持ちの緩んだ様子は一切なかった。

敗れてしまったとはいえ、長野は翌日5日に行われる第2戦で勝つことができれば、F1残留を決めることができる。一方、しながわは引き分け以上でF1昇格を手繰り寄せられる。

来シーズン、どのカテゴリーで戦うことになるのか。全ては残りの“40分”に懸かっている。入替戦の第2戦は5日18:30にキックオフする。

♦︎Fリーグ2021-2022 ディビジョン1・2 入替戦 第2戦の視聴URLはこちら
https://bit.ly/3HtVNxp

▼ 関連リンク ▼

▼ 関連記事 ▼

Close Bitnami banner
Bitnami