SAL

フットサル全力応援メディア

MENU

2022.03.07

【Fリーグベスト5】今季引退の星翔太が7年ぶりの受賞!MVPは得点王のロドリゴに!

PHOTO BY高橋学

7日、Fリーグは2021-2022シーズンのディビジョン1・2、各賞の受賞者を発表した。

新人賞はデビュー1年目で13得点の東出脩椰

今シーズン、F1リーグのベストファイブを受賞したのは、通算22得点を決めて得点王に輝いた湘南ベルマーレのロドリゴ(4年ぶり2回目)、そして同じく湘南からフィウーザ(2年連続2回目)も選ばれた。そして、優勝チームの名古屋オーシャンズからオリベイラ・アルトゥール(2年連続4回目)、退団が発表されているペピータ(3年連続3回目)、今季で現役引退の星翔太(7年ぶり2回目)の3人が選出された。

F1年間最優秀選手にはロドリゴが選ばれ、自身初の受賞となった。また、F2の年間最優秀選手は優勝クラブのしながわシティに所属する白方秀和が初めて受賞した。

今シーズンの新人賞を受賞したのは、バルドラール浦安でプレーする21歳の東出脩椰。ワールドカップ中断明け後の第7節にデビューを果たすと、一気に頭角を現し、13ゴールをマーク。日本代表候補にまで選出されていた。

2021-2022シーズンの受賞者は以下のとおり

♢チーム表彰

ディビジョン1
優勝:名古屋オーシャンズ(5年連続14回目)
準優勝:湘南ベルマーレ
フェアプレー賞:ペスカドーラ町田

ディビジョン2
優勝:しながわシティ(2年連続2回目)
準優勝:デウソン神戸
フェアプレー賞:ヴィンセドール白山

♢個人表彰

ディビジョン1
最優秀選手賞:ロドリゴ(湘南/初受賞)

ベストファイブ:
GK フィウーザ(湘南/2年連続2回目)
FP ロドリゴ(湘南/4年ぶり2回目)
FP ペピータ (名古屋/3年連続3回目)
FP オリベイラ・アルトゥール(名古屋/2年連続4回目)
FP 星翔太(名古屋/7年ぶり2回目)

得点王:ロドリゴ(湘南/22得点)

新人賞:東出脩椰(浦安)

ディビジョン2
最優秀選手賞:白方秀和(しながわ/初受賞)

得点王:白方秀和(しながわ/14得点)

最優秀審判員賞:常國広平(フットサル1級/初受賞)

Fリーグの公式YouTubeチャンネルでは、各受賞者がコメントを残している。

▼ 関連リンク ▼

▼ 関連記事 ▼

Close Bitnami banner
Bitnami