SAL

フットサル全力応援メディア

MENU

2022.03.14

全日本フットサル選手権の準々決勝進出チームが決定!前回王者のしながわが名古屋に敗れ2回戦敗退

PHOTO BY勝又寛晃

3月12日、13日に、JFA 第27回全日本フットサル選手権大会の1、2回戦が静岡、大阪、神戸の3会場で行われ、準々決勝進出の8チームが決まった。

1回戦から昨年の決勝カードが実現

12日に行われた1回戦では、東北ヴォスクオーレ仙台ゼクサヴァインが先日、Fリーグ2021-2022 ディビジョン1・2入替戦でF1残留を決めたボアルース長野に勝利する波乱の幕開けとなった。Y.S.C.C.横浜とリンドバロッサ京都の試合は打ち合いとなり、延長戦までもつれ込んだ結果、8-5で横浜が勝利している。

そして、前回大会の決勝戦のカード、フウガドールすみだvsしながわシティ(昨年度はトルエーラ柏として出場)が1回戦から実現し注目を集めた。試合の結果は、野村啓介の1点を守り切ったしながわが1-0で勝利して2回戦へ駒を進めた。また、九州代表のクレセールフットサルクラブがF2のヴィンセドール白山に4-1勝利。関東代表のオーパがF2のポルセイド浜田に4-0で勝利して2回戦進出を果たした。

神戸がF1勢で以外唯一の8強入り

13日に2回戦が行われ、ペスカドーラ町田が勢いに乗る仙台に4-2で勝利してF1勢の意地を見せた。昨年の準決勝と同一カードとなった、しながわと名古屋オーシャンズの一戦は計11得点が入り乱れる打ち合いの中、最終スコアは7-4で名古屋が勝利。F1王者が昨年のリベンジを果たした。

そして、F2のデウソン神戸が九州代表のR,D/ディノに3-2勝利し、F1所属チーム以外で唯一の8強入りを決めた。この日注目のカード、立川・府中アスレティックFCと湘南ベルマーレの試合は一進一退の好ゲームとなり、延長戦でも両者1得点ずつを決めて3-3。50分間で決着がつかず、PK戦の末に立川・府中が勝利した。その他はF1のチームが順当に準々決勝進出を決めている。

3月19日から場所を駒沢オリンピック公園総合運動場 屋内球技場に移し、準々決勝、準決勝、決勝が行われる。今大会の王者がどこのチームになるのか、注目したい。

▪️試合結果

(C)JFA

▪️準々決勝対戦カード

時間 カード 会場
11:00 ペスカドーラ町田  vs バルドラール浦安 駒沢オリンピック公園総合運動場 屋内球技場
13:15 名古屋オーシャンズ vs デウソン神戸 駒沢オリンピック公園総合運動場 屋内球技場
15:30 立川・府中アスレティックFC  vs シュライカー大阪 駒沢オリンピック公園総合運動場 屋内球技場
17:45 バサジィ大分 vs ボルクバレット北九州 駒沢オリンピック公園総合運動場 屋内球技場

 

▼ 関連リンク ▼

▼ 関連記事 ▼

Close Bitnami banner
Bitnami