SAL

フットサル全力応援メディア

MENU

2022.03.23

【全日本選手権決勝後会見/名古屋】今季最後のタイトルを逃してしまったフエンテス監督「今できることを全て出し切って戦えた」

PHOTO BY高橋学

3月21日、JFA第27回全日本フットサル選手権大会の決勝戦が駒沢オリンピック公園総合運動場 屋内球技場で行われ、名古屋オーシャンズと立川・府中アスレティックFCが対決。1-0で勝利した立川・府中が初優勝を果たした。

絶対王者の名古屋オーシャンズを率いるフエンテス監督は、昨シーズン逃してしまった全日本選手権のタイトルを奪還するために今大会に臨んだ。

ペピータ、スパウットという主力選手を欠きながらもしっかりと決勝進出を果たしたが、1点が遠い試合となってしまい、タイトル獲得とはならなかった。

全日本選手権決勝レポート

どうしても点が入らない試合だった

──試合を振り返って。

まず、選手、スタッフ一同に「お疲れ様」と伝えたいです。チーム全体で戦った試合でしたが、この試合に関してはゴールに嫌われてしまいました。第1ピリオド、攻撃のところで厚みを出していきましたが、相手にとって危険なところへ入っていくシーンが作れませんでした。その中で不運な形で失点してしまい、ゲームを追わなければいけない展開になりました。ただ、0-1というスコアなので逆転は難しくない状況ではありました。

誰も慌てることなくハーフタイムに入ることができ、そこで戦術的な修正をしました。第2ピリオドは先手を打ってプレーすることができ、コーナーキックやキックインといったセットプレーを中心に、ゴールへ向かうシーンを多く生み出すことができました。ただ、パワープレーを仕掛けても相手のゴールをなかなかこじ開けることができずに終わってしまいました。今日に関しては「どうしても点が入らない試合だったんだ」と考えるしかないなと思います。

ただ、今できることを全て出し切って戦えたと思います。試合終盤、相手は守備を固めて失点をゼロで抑え、私たちはゴールを割ることができませんでした。立川・府中には「おめでとうございます」と讃えさせてください。

▼ 関連記事 ▼

Close Bitnami banner
Bitnami