SAL

フットサル全力応援メディア

MENU

2022.03.23

【全日本選手権決勝後会見/名古屋】オーシャンズを攻守にわたり牽引した西谷良介「この敗戦をしっかりと受け止めて、次につなげたい」

PHOTO BY高橋学

3月21日、JFA第27回全日本フットサル選手権大会の決勝戦が駒沢オリンピック公園総合運動場 屋内球技場で行われ、名古屋オーシャンズと立川・府中アスレティックFCが対決。1-0で勝利した立川・府中が初優勝を果たした。

今シーズンはW杯にも出場し、名古屋でも中心選手として活躍してきた西谷良介。多くの時間をピッチで過ごし、タイトル奪還を狙った今大会。

しかし、優勝という結果を残すことはできなかった。

改めて、打倒・名古屋オーシャンズとして向かってくる相手に打ち勝つことの難しさを痛感した西谷が、試合を振り返った。

全日本選手権決勝レポート

若手に負けないようやっていきたい

──総合力やチャンスの数では名古屋が上回っていたと思いますが、試合を終えてどんな感想ですか?

自分たちの感覚でも、試合全体を通して押し込んでいる感覚がありました。チャンスを数多く作れていた中で、立川・府中はしっかり体を張ってきて、カバーリングの意識の高さを強く感じました。不運な形で1点を取られた後、自分のストロングだったり、積み重ねたものを出して自分たちも我慢強く戦い続けられたと感じています。

──フエンテス監督が第1ピリオドは「相手にとって危険なところへ入っていくシーンが作れなかった」と話していましたが西谷選手はどのように感じましたか?

ハーフまで押し込めてはいましたが、そこから相手はカバーを作ってきて、そこに苦しめられました。一人だけのカバーではなく、3人、4人でのカバーリングの距離、角度を徹底してきたなと感じました。そこにアジャストするのに手間取ってしまい、第1ピリオドは押し込んでいるけど苦しめられた展開になりました。

──金澤空選手や新井裕生選手、南雲颯太選手ら若い選手が名古屋の個と張り合っていたように見えましたが。

この試合だけでなく、これまでの全日本選手権やFリーグの試合を見ていても若手がどんどん伸びてきていると感じています。代表に選出されていることが自信にもなっているなと戦っていても感じます。どんどん経験を踏んでほしいですし、活躍を楽しみにしています。自分はベテランの域ですが彼らとしっかり競争していきたいなと思います。

──あと一歩のところでタイトルに届きませんでしたが、この敗戦はチームにどんな影響を与えると感じていますか?

名古屋オーシャンズにおいて「負け」に対しての捉え方は厳しいものがありますし、自分もここに来て「負け」というものに敏感になりました。「簡単に勝てる試合はないな」と改めて思いましたね。「打倒・名古屋オーシャンズ」と全チームが向かってくることは分かっていますけど、そこで受けに回らず、逆に自分たちがチャレンジャーになったつもりで向かっていきたいです。この敗戦をしっかりと受け止めて、次につなげたいですし、無駄にはしたくないです。

──コロナ禍やW杯など、難しいシーズンだったと思いますが1年を振り返っていかがですか?

今シーズンはW杯という舞台でプレーでき、自分の中でも特別なシーズンでした。だからこそシーズンを締めくくるこの大会を勝って笑顔で終わりたかったですけど、それを叶えられず、残念な気持ちでいっぱいです。

──もうすぐ新しい練習場が完成しますし、リーグ連覇と全日本選手権のタイトルを取り返しにいくシーズンになると思いますが、来シーズンへ向けた意気込みはいかがでしょうか?

今シーズンも突っ走ってきたので、まずは波を作るためにも休みたいなと思います。とはいえシーズンはすぐにやってくると思いますし、今まで引っ張ってきてくれた(星)龍太や翔太といった選手がいなくなって、新しい名古屋オーシャンズになるので、自分も責任を持ってやっていきたいです。また、クラブのアイデンティティを継承していくためにも大事なシーズンになるので、しっかりと積み重ねて、継続して、若手に負けないようやっていきたいです。

▼ 関連記事 ▼

Close Bitnami banner
Bitnami