SAL

フットサル全力応援メディア

MENU

2022.03.23

【全日本選手権決勝後会見/名古屋】現役ラストゲームでも成長に貪欲だった星翔太。「今日も『もっと成長しなければいけない』と突きつけられた」

PHOTO BY高橋学

3月21日、JFA第27回全日本フットサル選手権大会の決勝戦が駒沢オリンピック公園総合運動場 屋内球技場で行われ、名古屋オーシャンズと立川・府中アスレティックFCが対決。1-0で勝利した立川・府中が初優勝を果たした。

今シーズン限りでの現役引退を表明している星翔太はこれが選手としてのラストゲーム。最後にタイトルを獲得して、有終の美を飾りたいところだったがそれは叶わずに終わってしまった。

長かった競技人生を振り返り、星は「成長し続けられたフットサル人生だった」と語る。この試合でも「『もっと成長しなければいけない』と突きつけられた」と最後までストイックな様子だった。

シーズン開幕前に異例の引退発表をし、そのカウントダウンがゼロになった星はどんな心境でいるのか。0-1で敗れた決勝戦を振り返ると共に現役生活を終えての思いを口にした。

成長し続けられたフットサル人生だった

──現役生活最後の試合が終わりましたが、試合を振り返っていかがですか?

打てども打てども入らず、こういう日もあるんだなという感じで、力のなさを感じました。W杯だったりでも節目で毎回話していますが、そういうところでゴールを決められないところが自分に足りない部分だなと思ってずっと過ごしてきました。この試合でもそれが結果につながってしまい、自分の力のなさを感じています。

──シュート数が48対10と、敗れても名古屋オーシャンズというクラブの強さを示した試合になりました。今後このクラブに期待したいことは?

勝たなければいけないクラブなので、今日みたいな結果では評価はされません。逆に、今日みたいに勝ったチームは一勝すればそれだけもてはやされるというのがこのリーグの現状です。オーシャンズはそういった他のクラブにはないシビアさ、プレッシャーを感じながらやっていけると思います。

今大会前に外国人選手も抜けましたし、ほぼ日本人選手だけで臨んだ大会でした。来シーズンへ向けては日本人選手も多く退団しますし、新しい外国人選手が入ってきてとフレッシュになると思います。これから中心になっていかなければいけない若い選手は身を持って悔しさを感じられた大会になったと思う。そういった意味ですごく期待感はありますし、名古屋オーシャンズはこれからもっと環境が良くなるのでリーグ戦をトップで駆け続けると思います。

今シーズンはどのタイトルを落としてもおかしくなかった環境で、フットサル界はその現状をもっと真摯に受け止めないといけない。名古屋オーシャンズは引き続き環境と結果でリーグを牽引し続けてほしいですし、5回目のアジアチャンピオンを目指してほしいです。

──長い現役生活の最後は悔しい形で終わってしまいました。

でも、成長し続けられたフットサル人生だったと思います。人としてもプレイヤーとしてもいろいろな課題を突きつけられて、ここまで来れました。今日も「もっと成長しなければいけない」と突きつけられた結果です。最後まで成長に対する意識を与えてくれた競技人生だったなと思います。

──表彰式のとき、星選手がみんなにメダルをかけていましたが、あのときはどんな言葉をかけていたのでしょうか?

基本的には「来シーズン以降も頑張って」ということと、それぞれにそれぞれのメッセージを伝えました。

──以前から「フットサル界を変えていきたい」と話されていましたが、セカンドキャリアではどんな思いを持って関わっていきたいですか?

選手もスタッフの方々もみんな頑張っていると思うので、それぞれのステージで引き続き努力を続けるしかないと思っています。僕自身は現状、フットサルにどう関わっていくか決まっていないので、また関われるよう、学びを持てる場所で働きたいと思っています。一度フットサルから離れますけど、試合を観に行ったり、選手とご飯に行ったりして少しでもフットサルに触れていたいと思っています。自分の生活スタイルを立て直して、社会人になってフットサルとの付き合い方を探したいです。

▼ 関連記事 ▼

Close Bitnami banner
Bitnami