SAL

フットサル全力応援メディア

MENU

2022.03.25

【移籍情報】守護神・イゴールが9年間過ごした町田と別れ。「引退するまで黄色のユニフォームを着て戦うと思っていました」

PHOTO BY高橋学

25日、ペスカドーラ町田はピレス・イゴールが今シーズン限りでチームを退団することになったと発表した。

「一番大変だった時期を乗り越えることができたのは、この素晴らしいチームのおかげ」

退団の決まったイゴールは2013シーズンに町田に入団。以来、絶対的守護神として町田のゴールマウスを守り続け、2016年度の全日本フットサル選手権ではタイトルの獲得に貢献。町田の選手として、6度のFリーグベスト5を獲得した。

イゴールは、「正直、9年間もお世話になってきたペスカドーラ町田を退団する日が来るとは思っていませんでした。引退するまで黄色(僕の場合は青/赤)のユニフォームを着て戦うと思っていました」と素直な思いを明かした。クラブからは契約延長のオファーもあったそうだが「他のチームからのオファーを受ける決断をしました」とチームを離れる選択をした。

2020年には10万人に1人が発症すると言われている“ギラン-バレー症候群”にかかったこともあった。しかし懸命なリハビリの結果、今後、日常生活を送れるか分からない状況からピッチへ戻れるまでに回復。昨年行われたW杯に40歳という年齢ながら日本代表選手として出場した。

病気を患っていたとき、「甲斐(修侍)さんをはじめ、このチーム全員が僕を支えてくれました」イゴールは明かし「一番大変だった時期を乗り越えることができたのは、この素晴らしいチームのおかげです」と復帰までの背景を振り返った。

今年で42歳の誕生日を迎えるイゴールだが、先日行われた全日本選手権でも高いパフォーマンスを披露し、好セーブを連発していた。イゴールは来シーズン、どのクラブに所属するのか。次なる挑戦を見守りたい。

イゴールの退団コメントは以下のとおり

No.1 ピレスイゴール選手 退団のお知らせ

この度、No.1ピレスイゴール選手が今シーズンを持ちまして退団することとなりましたのでお知らせ致します。

コメント:
今季をもちましてペスカドーラ町田を退団する事になりました。

これまでペスカドーラで最高のチームメイト、スタッフと一緒に戦えて本当に幸せでした。中でも、2年前難病にかかって一番辛かった時、またプレーすることができるのか分からなかった時、甲斐さんをはじめ、このチーム全員が僕を支えてくれました。一番大変だった時期を乗り越えることができたのは、この素晴らしいチームのおかげです。あの時の感謝の気持ちは私も、そして家族も一生忘れません。

そして町田のファン、サポーター、スポンサーの方々にも長年支えてもらい、本当にありがとうございました。苦しい時でも続けられたのは皆さまからのサポートがあってこそです。プレーを通して、少しでも恩返しすることができていたらうれしいです。

正直、9年間もお世話になってきたペスカドーラ町田を退団する日が来るとは思っていませんでしたし、引退するまで黄色(僕の場合は青/赤)のユニフォームを着て戦うと思っていました。そんな中、町田からも来シーズンのオファーをいただいていましたが、他のチームからのオファーを受ける決断をしましたのでご理解いただけると幸いです。
大好きな町田を去るのは悲しいですが、これからも僕にとって町田は特別なチームであることは変わりません。
9年間本当にありがとうございました。

次のステップもどうぞ見守っていただければと思います。

感謝を込めて。

イゴール

▼ 関連リンク ▼

▼ 関連記事 ▼

Close Bitnami banner
Bitnami