SAL

フットサル全力応援メディア

MENU

2022.03.30

しながわ退団の松原友博がSNSで現役引退を表明。「8年間フットサルだけに集中出来る素晴らしい環境の下でプレー出来たことを思い返すと…」

PHOTO BY高橋学

しながわシティから今シーズン限りでの退団が決まった松原友博が28日、自身のSNS上で現役引退を表明した。

F選抜二期生からは3人目の引退選手に

引退を発表した松原は名古屋オーシャンズサテライトの出身で、2019シーズンにFリーグ選抜の選手としてFリーグデビューを果たした。

そしてその翌シーズンにトルエーラ柏(現:しながわシティ)に入団。同年の全日本フットサル選手権大会でクラブの優勝に貢献。今シーズンはリーグ戦8試合に出場していた。

松原は自身のSNSで「しながわシティを退団して自分なりに色々考えた結果、引退することを決意しました」と報告。

「中学2年生の頃から名古屋オーシャンズの下部組織に入団し、それから10年間の競技人生は色々な事がありました。8年間フットサルだけに集中出来る素晴らしい環境の下でプレー出来たことを思い返すと、とても恵まれていたんだなと感じます」と振り返った。

Fリーグ選抜“二期生”で引退を決断した選手は松原で3人目となった。

▼ 関連記事 ▼

Close Bitnami banner
Bitnami