SAL

フットサル全力応援メディア

MENU

2022.04.01

【日本代表/WEB取材】長年、代表常連組の主将・吉川智貴「代表活動に参加できること自体を毎回、誇りに思う」

PHOTO BY高橋学

3月27日から4月2日にかけてUAE遠征を行なっている日本代表。

30日に行われた“木暮ジャパン”として初の対外試合になるフットサルアラブ首長国連邦(UAE)代表との試合は、2-1で勝利を飾ることができた。

ミゲル・ロドリゴ監督時代から代表常連組として招集されている吉川智貴。

昨年のW杯が終わり、ブルーノ・ガルシア監督が退任。木暮賢一郎監督が新たに就任してからはフレッシュな顔ぶれが多く、新たな代表チームがスタートしている。

そんな中で、代表チームが何かをよく知る吉川は“伝える立場”としてどんな気持ちで代表活動に取り組んでいるだろうか。試合の翌日、吉川のオンライン取材が行われた。

【試合結果】
フットサル日本代表 2 (1-0) 1 フットサルアラブ首長国連邦代表
日時:2022年3月30日(水)19:00キックオフ(現地時間)
会場:Zayed Complex Arena(アラブ首長国連邦/フジャイラ)

得点経過
1分  オリベイラ・アルトゥール(名古屋オーシャンズ)
31分 失点
37分 金澤空(立川・府中アスレティックFC)

スターティングメンバー
黒本ギレルメ(立川・府中アスレティックFC)
平田ネトアントニオマサノリ(名古屋オーシャンズ)
吉川智貴(名古屋オーシャンズ)
クレパウジ・ヴィニシウス(ペスカドーラ町田)
オリベイラ・アルトゥール(名古屋オーシャンズ)

伝える役割は今まで以上に増えている

──UAE代表との試合を振り返って

A代表として初めて試合に出る選手がたくさんいた中で、正直、第1ピリオドの立ち上がりから途中まではかたい選手が多かった。第2ピリオドになってからはみんな普段通りのプレーができていたと思います。第2ピリオドの最後、1点リードから失点して苦しい展開になりましたが、(金澤)空がいいゴールを決めて勝てたことが一番良かったと思います。

──長く、日本代表として引っ張ってきた中で、新しいチームの初陣をどんな気持ちで迎えたのでしょうか?

特に変わらないと言ったら変ですけど。常に、この服を着てプレーできること、この代表活動に参加できること自体を毎回、誇りに思っています。ですから気持ちがたかぶる思いで、プレーできています。そういった意味では特に変わらないです。

ただやはり、今まで代表を背負ってきた選手がたくさんいなくなり、新しいグループとなり、若い選手が非常に多いので、伝えるところの役割は今まで以上に増えています。

自分自身のモチベーションは変わりません。

──チームとしては、何を重視してこの試合に挑んだ?

一番は、クラブでしているプレーをしてほしいと、木暮監督は強く訴えていました。チームとして、こういうやり方をしようという方向性はありますけど、その中でもどんどん自分の良さを出すことを重視して試合へと入っていったのかなと思います。

──新しいチームに変わった中で、長年活動していたところで、代表チームはどう言ったものと捉えていて、メンタリティをどう伝えていきたい?

やはり特別な場所ですし、Fリーグでプレーしているたくさんの選手の中で選ばれてきています。いっそう責任感を持ってプレーしないといけないし、常に結果を求められ、常に勝たないといけないメンタリティは持っています。それはゲームだけではなく普段の練習から、その気持ちで臨んでいます。そこは伝えていかないといけないと思います。


(C)JFA

──名古屋オーシャンズの選手がこれまで半分くらいいた中で、今はそうではない。寂しさ、物足りなさみたいなものは?

全然ないですね、それは(笑)。選ばれた選手でやらなければいけないですし、一番いいと思っている選手を監督が選んでいると思うので。それが名古屋だろうが、府中だろうが町田だろうが、所属は関係ないかなと。呼ばれた選手が試合でまた一つのチームとなって一丸となって戦うことがすごく大事だと思います。

──名古屋の選手としては代表で経験できることは異質。アジアフットサルクラブカップが中止になっている中で、海外クラブとの経験値が減っていると思いますが、名古屋の選手視点で考えると、そういった危機感はありませんか?

もちろん、増えなきゃいけないとは思います。僕としては名古屋からたくさん代表選手が出てほしいですし、それがクラブのアジアカップとかにも繋がってくるので。増えればいいなとは思いますけど、どうなんでしょう(笑)。

──代表に選ばれたら、切り替えているから。

そうですね。少し難しいですね。

──日本人監督の下でプレーするのは久しぶりだと思うが。

そうですね。比嘉リカルド監督以来ですね。でも、監督が日本人だろうがスペイン人だろうが、特に変わらないと思っています。どんな監督からでもたくさんのことを学べると思っているので、この年齢にして、また新しい発見ができています。その意味ではまだまだ成長できると思っています。非常に刺激を受け、高いモチベーションでできています。

──新しい発見というのは?

攻撃でのアクションのところですね。連続した動きが今は求められているので、そこでの動きのしつ、動き方が今までと少し、違うわけではないですけど、頭の視点を変えないといけないところがあります。

──ブルーノ・ガルシア監督の頃から、ボールを保持したところが課題でしたが上積みできそう感触は?

攻撃モデルがすごく明確で、これをやろうというのがしっかりあるので。ブルーノ監督のときより、攻撃では積み上げられると思っています。

──W杯の終わり方は納得いっていないと思うが、2年後に次がある。そこに向けてはどんな思いでしょうか?

やはりもう一度あのピッチ、あの舞台に立ちたいという想いはすごく強いです。そこに向けて、そこを目指してやっていかないといけないなと思っています。ただ年齢も年齢なので、そこを目指しますけど、そんな先のことを考えないで今までと変わらないですね。常に目の前の、日々のトレーニングを積み重ねることが大事で、それが2年後につながっていくと思います。

▼ 関連記事 ▼

Close Bitnami banner
Bitnami