SAL

フットサル全力応援メディア

MENU

2022.04.05

【移籍情報】浦安が即戦力級選手を補強。守護神・イゴールと日本代表候補・吉田圭吾が入団!

PHOTO BY高橋学

バルドラール浦安は1日、ピレス・イゴールと吉田圭吾の入団を発表した。

育成組織より6名の昇格も発表!

今シーズンより浦安に加入するイゴールは、ペスカドーラ町田から入団。2016年に日本国籍を取得したイゴールは昨年開催されたW杯に日本のゴールマウスを守り、ベスト16進出に貢献。町田でも絶対的守護神として何度もピンチを防いできた。そんな日本屈指のGKが浦安の一員になる。

入団に際し、イゴールは「今後もプロとしてフットサルを続けられることに感謝するとともに、僕のさらなる貢献を信じてくれているバルドラール浦安でプレーできることをとても嬉しく思います」とコメント。「これからも全力でプレーして、チームの勝利に貢献できるよう頑張ります」と活躍を誓った。

そして、バサジィ大分から入団する吉田は昨シーズン、24歳と若くしてキャプテンを務め、全22試合に出場。ほとんどの試合で先発出場を果たし、10ゴールを挙げていた。

大分で中軸を担っていた吉田は浦安の公式HPを通じ、「まだまだ未熟ではありますが、このチームの勝利に貢献できるよう精一杯頑張ります」と意気込みを語っている。

浦安はこの日、セグンドとテルセーロから5名のトップチーム昇格も発表。特別指定選手としてすでにFリーグでプレーし、コンスタントに出場機会を得ていた大島旺洋、宇野伊織のほか、岡田大毅、二宮秀文、福重勝徳がトップチームに加わる。また、浦安は4日に眞田直樹の昇格も発表。昇格選手は合計で6人になる。

クラブからのリリースは以下

2022-2023シーズン 新加入選手および昇格選手のお知らせ

2022-2023シーズン 昇格選手のお知らせ

▼ 関連記事 ▼

Close Bitnami banner
Bitnami