SAL

フットサル全力応援メディア

MENU

2022.05.23

【日本代表/WEB取材】代表初得点を決めた第2戦でハットトリックまでの達成の本石猛裕。「もっとクオリティを上げないといけない」

PHOTO BY勝又寛晃

フットサル日本代表の本石猛裕が、AFCフットサルアジアカップ2022東地区予選の総括を行った。

5月18日の香港戦から4日連続で試合が行われる超過密日程のなか、4連勝で本大会出場を決めた日本代表。4試合で42得点(3失点)、さらには選出された14選手全員がゴールを奪う快挙を達成するなど、東アジアで圧倒的な強さを見せつけた。

最終戦となったチャイニーズ・タイペイ戦の翌日、本石がオンライン会見に出席。モンゴル戦ではハットトリックを達成するなど、攻撃をけん引した毛利が今大会を振り返っている。

決めきれる選手になっていく

本石猛裕(フットサル日本代表)

──アジアカップ出場決定おめでとうございます。4連戦のなかで代表初ゴールなどもありました。大会を振り返っていただいていかがでしょうか?

東アジア予選を突破して、アジアカップの切符を掴めたことはとても嬉しく思います。実質、東アジアのチャンピオンになり、日本の強さを示すことができて本当によかったなと思います。

個人としては、代表の公式戦は今回が初めてだったので、最初はちょっと苦戦した部分も緊張した部分もありました。ですが2試合目のモンゴル戦で初ゴールを決められて、同時にハットトリックも決めることができて本当に忘れられない瞬間になりました。

──本石選手のポジションはピヴォ。今回の木暮ジャパンの特徴の1つがピヴォを多用した攻撃だと思います。その中で自分自身がチームの中でどのくらい貢献できたか、自分らしさを出せたのかを教えてください。

ピヴォを使った攻撃はチームのコンセプトです。自分で反転してシュートを打ったり、ゴールを取ったり、アシストしたりと色々なことが求められています。応えられる部分は多少ありましたが、もっとクオリティを上げないといけない部分が見えました。この予選を通して反省点を自分で見つけられたので、これからまたチームに戻って修正して、アジアカップに選ばれるように練習したいと思います。

──ピヴォには平田・ネト・アントニオ・マサノリ選手や毛利元亮選手もいます。他の選手との違いや自分ならではの武器はなんでしょうか?

ストロングポイントは、味方を多く使ってアシストする部分。そこをかなり意識していて、他の2人のピヴォよりもやっていかないといけない部分だと思っています。それだけじゃなく、ピヴォはゴールも必要なポジションなので、もっとこだわって、ゴールもアシストも両方できる選手になっていけたらと思っています。

──ペスカドーラ町田で一緒にプレーしていた原田快選手が17歳で日本代表に入って活躍しました。彼について思うところは?

昨シーズンも町田で一緒にプレーしていて、プライベートでも一緒にいることが多かったです。生意気なんですけど、試合に出ると自信を持ってプレーしていますね。

持ち味であるドリブルで、1人、2人剥がしてシュートにいったり、アシストしたりと、17歳とは思えないプレーをします。町田の時から一緒のセットでやっていて、今回の代表でも同じセットでプレーして、改めてやりやすいなと感じました。そこのホットラインも見せれたので、良かったなと思います。

──本石選手のフィジカルの強さが武器の1つだと思います。今大会ではボールを失っているシーンがなかったと思いますが、次はレベルが1つ上がった戦いになります。そこに向けて強化していきたいポイントは?

ゴールはピヴォに求められているので、どんな状況でもゴールを取ることですね。チームを勝たせられる1点を取れるかどうかが大事になってくると思います。

U-20の時にアジアカップは経験しましたが、それと全然違う大会になると思うので、もっとクオリティを上げて、決めきれる選手になっていきたいなと思います。

──大差を付けて4連勝をして、気持ちよく帰国できると思います。しかし帰ってすぐにオーシャンカップがあります。今シーズンはバサジィ大分に移籍してはじめてのシーズンとなりますが、どのようなシーズンにしたいと思っていますか?

昨シーズンとは全く違う大分のフットサルになっています。まずはそれに合わせられるように、そしてチームでどれだけ結果を出せるかなので、今シーズンは昨シーズンよりも多くのゴールとアシストで、チームを優勝に導きたいと思っています。

──4カ月後にアジアカップの開幕が控えています。具体的にどういったことをイメージされてますか?

本大会の切符をつかんだのは今回のメンバーですが、本大会を戦うメンバーとして僕たちが確約しているわけではありません。そこに入るために、まずはFリーグで結果を出すことを意識して、日本を代表する選手になれるような結果とプレーで示していけたらと思います。

▼ 関連リンク ▼

▼ 関連記事 ▼

Close Bitnami banner
Bitnami