SAL

フットサル全力応援メディア

MENU

2022.06.04

【オーシャンカップ】決勝進出の2チームが決定!決勝戦は全日本フットサル選手権決勝と同一カードの名古屋vs立川に!

PHOTO BY高橋学、勝又寛晃

6月4日に、Fリーグオーシャンカップ2022の準決勝の2試合が駒沢オリンピック公園屋内球技場で行われた。名古屋オーシャンズとが決勝進出を決めた。

♦︎大会特集ページへ♦︎

名古屋vsしながわは激闘に

準決勝の第一試合、名古屋オーシャンズvsしながわシティの試合は、PK戦までもつれる激闘となった。

試合は、開始4分に動く。左サイドからカットインした八木聖人が右足でシュートを放つと、これが決まって早い時間帯に名古屋が先制する。畳み掛ける名古屋は同じく4分に、右サイドの深い位置からベネジオが得意の左足トーキックで決めて2点をリードする。

2点が入った後、ゲームは落ち着き、両者ともに持ち味を出してシュートまで行くシーンもあるが、得点が生まれない時間帯が続き第1ピリオドが終了。

第2ピリオドは、追いかけるしながわが攻勢に出る。23分に、佐藤建也がゴールを決めて1点を返す。ここから一進一退の攻防が続くが、得点は生まれず。残り時間が少なくなったところでしながわがパワープレーを開始。すると、40分に、チアゴがファーサイドでゴールを決めて遂に同点に追いつく。さらに、第2PKをしながわが獲得し白方秀和が蹴るも、ここは篠田龍馬がセーブし、そのまま第2ピリオドが終了。延長戦へ突入した。

延長戦の第1ピリオド、先にスコアを動かしたのは名古屋だった。第2PKを獲得するとこれをアルトゥールが冷静に決めて、名古屋がリード。しかし、42分にしながわが同点に追いつく。最後尾からファーサイドに送ったボールにチアゴが合わせる。このまま延長戦第1ピリオド終了。

延長戦第2ピリオド開始から名古屋はパワープレーを開始。48分、第2PKを獲得したしながわは、白方が今度は決めて1点をリードする。追いつきたい名古屋は49分に、最後尾にいた吉川智貴が強烈なシュートをたたき込み、同点に追いつく。試合はこのまま終了し、勝負の行方はPK戦に。

名古屋はPK戦のゴレイロを篠田から田淵広史に変更。しながわが先行でスタートした1本目、ダニエル・サカイ・ユウジのキックを田淵がセーブ。名古屋1人目のアルトゥールが冷静に決めると、しながわ2人目の福田亮が枠を外してしまう。名古屋の2人目ペネジオはポスト直撃で決められず。そこから両チーム共に全員が決め、迎えた名古屋ラストのキッカー吉川が決めて名古屋が勝利。激闘の末に決勝進出を決めた。

立川が圧巻の連続ゴールで逆転勝利

準決勝第2試合、ペスカドーラ町田vs立川アスレティックFCの試合が行われた。

試合は、7分に、クレパウジ・ヴィニシウスからのシュートパスを毛利元亮が右足アウトサイドで合わせて先制に成功する。その後も試合は町田ペースで進むが、追加点は生まれずに時間が経過。追いつきたい立川は金澤空のシュートがバーを叩くなど、何度かチャンスは作るも得点を上げることができず。そのままハーフタイムへ。

第2ピリオドは、追いつきたい立川が攻勢に出る。27分に、コーナーキックから新井裕生が左足のボレーシュートを決めて同点に追いつく。すると、そこから立川が怒涛のゴールラッシュを見せる。28分に、ファーサイドに詰めた南雲颯太、カウンターから中村充、同じくカウンターから中村が決めて50秒の間に一気に4点を奪い、逆転に成功する。

点差を縮めたい町田は、ヴィニシウス、毛利を中心に猛攻を仕掛けるが、立川が体を張ったディフェンスで得点を許さない。34分に、ゴール前に溢れた浮き玉のボールを原辰介がボレーで叩き込み1点を返すが、反撃もここまで。4-2で立川が勝利し、決勝に駒を進めた。

決勝戦は明日13:30キックオフで、駒沢オリンピック公園屋内球技場で行われる。

本日行われた準決勝の試合結果と決勝の対戦カードは以下のとおり

準決勝試合結果

名古屋オーシャンズ 4(PK:4-3)4  しながわシティ
ペスカドーラ町田 24 立川アスレティックFC

決勝・3位決定戦対戦カード:6月5日

3位決定戦
11:00
しながわシティ vs ペスカドーラ町田
決勝戦
13:30
名古屋オーシャンズ vs 立川アスレティックFC

♦︎大会特集ページへ♦︎


▼ 関連記事 ▼

Close Bitnami banner
Bitnami