SAL

フットサル全力応援メディア

MENU

2022.08.02

Fリーグ通算14,000ゴールは田村研人の“メモリアル恩返しFK弾”! 記念ボールを直筆サイン入りでファンに進呈

PHOTO BY高橋学

7月24日、ボルクバレット北九州の田村研人がFリーグ通算14,000ゴールをマーク。このメモリアルゴールについては、事前に「Fリーグ通算14,000ゴール達成記念プレゼントキャンペーン」が行われており、当選者に田村の直筆サイン入りボールが贈られた。

注目のゴールは、デザインされたFKからの強烈弾!

Fリーグが企画した今回のキャンペーンは、F1通算14,000ゴール達成を前に、記念すべき得点者のサイン入り公式試合球が当たるというもの。

Twitter上では、各クラブのファン・サポーターが思い思いの選手名をつけて投稿し、「ゴールと勝利をつかみましょう!」と、応援コメントで盛り上がりを見せた。

待望のゴールが生まれたのは7月24日に行われたF1第6節、ボルクバレット北九州と立川アスレティックFCの一戦だった。

決めたのは、北九州の田村。相手ゴール前のFKで、デザインされたプレーから強烈なシュートをゴールに突き刺した。この1点は、田村にとっては2014シーズンまで所属した立川への「メモリアル恩返し弾」でもあった。

<田村研人が決めたFリーグ通算14,000ゴール|ABEMA>

さらにこの試合、通算14,001ゴール目を決めたのも、田村だった。

残り5分、ゴレイロからのスローをゴール前で胸トラップすると、反転しながらボレーシュートを突き刺すという、超アクロバティックな離れ技を披露。田村の活躍にホーム・北九州市立総合体育館の雰囲気は最高潮に達し、勢いそのままにチームは残り1.6秒に勝ち越し点をゲット。最終スコア4-3として、見事な劇的逆転勝利を収めた。

そんな記録にも記憶にも残る一戦を演出した田村のサイン入り公式試合球を贈られたのは誰だろうか。当選者にとっては“家宝級”の逸品となるに違いない。

▼ 関連リンク ▼

▼ 関連記事 ▼

Close Bitnami banner
Bitnami