SAL

フットサル全力応援メディア

MENU

2022.08.04

8月6日に控えていた白山vs仙台が開催延期に。白山は新型コロナウイルス陽性者が多数発生し、8日までチーム活動が停止

PHOTO BY勝又寛晃

8月2日、Fリーグは6日に金沢市総合体育館で開催を予定だったFリーグ2022-2023 ディビジョン2 第5節 ヴィンセドール白山vsヴォスクオーレ仙台の開催延期を発表した。

選手、スタッフ合わせ11名に陽性判定

開催延期の理由は、白山から新型コロナウイルス陽性者が多数発生し、8日までチーム活動が停止してしまうため。

最初に陽性者の発表があったのは、7月28日。このときは選手4名が陽性判定を受けたとチームは報告。

そして、30日に新たに選手2名、8月2日に選手4名とトップチームスタッフ1名が陽性判定を受けた新たに発表があり、合計で11名が療養と隔離を強いられることになった。

なお、当該試合の代替日はリーグから、チケットの払い戻しについては、白山の公式サイトから後日発表される。

リーグからのリリースは以下のとおり

【開催延期のお知らせ】ヴィンセドール白山 vs ヴォスクオーレ仙台(Fリーグ2022-2023 ディビジョン2 第5節)

日本フットサルリーグ(以下、Fリーグ)は、8月6日(土)に開催を予定しているFリーグ2022-2023 ディビジョン2 第5節 ヴィンセドール白山 vs ヴォスクオーレ仙台(16:00キックオフ/金沢市総合体育館)について、新たにヴィンセドール白山の選手4名、スタッフ1名が新型コロナウイルス感染症の検査で陽性判定となったこと、チームの活動を8月8日(月)まで停止することから、開催延期することを決定しましたので、お知らせ致します。

チケットの払い戻しにつきましては、ヴィンセドール白山公式サイト(http://vincedor-hakusan.com/)より後日お知らせ致します。ご来場予定の皆様、ファン・サポーターの皆様におかれましては、ご理解いただけますようお願い申し上げます。

なお、当該試合の代替日については決定次第お知らせいたします。

【開催延期となった試合】
Fリーグ2022-2023 ディビジョン2 第5節
ヴィンセドール白山 vs ヴォスクオーレ仙台
2022年8月6日(土)16:00キックオフ
@金沢市総合体育館

▼ 関連リンク ▼

▼ 関連記事 ▼

Close Bitnami banner
Bitnami