SAL

フットサル全力応援メディア

MENU

2022.08.08

【女子F第6節|試合結果&順位】神戸が首位・浦安の6連勝を阻止!立川は今季最多得点数で勝利を収める

PHOTO BY高橋学

8月6日(土)、7日(日)に日本女子フットサルリーグ2022-2023の第6節がバルドラール浦安アリーナで行われた。

浦安セントラル開催で繰り広げられた、手に汗握る熱戦!

6日の第3試合目、5戦全勝で首位のバルドラール浦安ラス・ボニータスと4勝1敗で3位のアルコ神戸の一戦は、今節の最重要マッチだった。

試合開始序盤から浦安の猛攻が続くも、スコアは動かない。0-0の時間が長引くなかで、均衡を破ったのは神戸だった。

17分に、味方からのバックパスを受けた神戸のGK佐藤麻陽が、前線に向かって浮き球のパスを送ると、このチャンスに反応した田中ちひろが右足を振り抜き、シュートはGKの手をかすめて先制点となった。

今シーズン、浦安はここまで全試合で先制していただけに、これまでとは異なる展開。試合は、神戸が1点をリードして折り返した。

第2ピリオドは、どうにか追いつきたい浦安が攻め手を増やすものの、絶対に失点したくない神戸のディフェンスに苦戦する。それでもしぶとく得点を狙っていくと38分、伊藤果穂が左サイドで仕掛けてミドルシュートを放つと、ゴール前の筏井りさがわずかに軌道を変えて同点に追いつくことに成功した。

残り2分で試合を振り出しに戻した浦安はさらに39分、伊藤果が敵陣左サイドでこぼれ球を回収すると、ループ気味のシュートをゴール右上へ突き刺し、勝ち越し点を奪取。土壇場で試合をひっくり返してみせた。

このままゲームセットかと思われたが、残り0秒の瞬間までなにが起きるか分からないのがフットサルの醍醐味だ。神戸は昨シーズンの女王を相手に怯むことなく、パワープレーでゴールを狙い続ける。

そして残り3秒──。

田中が左サイドからピッチを対角に横断する長いボールを蹴ると、走り込んでいた若林エリが渾身のヘディングシュート。その瞬間、ピッチは歓喜と、失意に包まれた。若林の劇的な一撃が決まり、2-2で試合はタイムアップを迎えた。

序盤はスコアレスで拮抗し、神戸の先制弾で試合が動き、終盤に浦安が一気に逆転し、そして最後、ドラマティックに神戸が追いつく。今節の最重要マッチはその期待通り、ハラハラドキドキの展開で観客を魅了する一戦となった。

今節は上位4チーム中3チームが引き分けで試合を終えるなか、立川アスレティックFCレディースはミネルバ宇部を相手に今季最多の6得点で勝利を収め、暫定順位ながら4位から2位へと浮上。首位・浦安との勝点差を2に縮めた。

■試合結果

8月6日(土)

時間 カード 会場
12:00 さいたまサイコロ 3-3 エスポラーダ北海道イルネーヴェ バルドラール浦安アリーナ
14:30 立川アスレティックFCレディース 6-1 ミネルバ宇部 バルドラール浦安アリーナ
17:00 バルドラール浦安ラス・ボニータス 2-2 アルコ神戸 バルドラール浦安アリーナ

8月7日(日)

時間 カード 会場
12:00 経大メニーナ龍ケ崎 2-1 フウガドールすみだレディース バルドラール浦安アリーナ
14:30 SWHレディース西宮 1-1 福井丸岡ラック バルドラール浦安アリーナ

■順位表

1 浦安 16 5 1 0 42 6 36
2 立川 14 4 2 0 13 3 10
3 西宮 13 4 1 1 26 11 15
4 神戸 13 4 1 1 17 7 10
5 流経大 9 3 0 3 14 23 -9
6 北海道 8 2 2 2 17 20 -3
6 丸岡 5 1 2 3 8 14 -6
8 さいたま 5 1 2 3 14 24 -10
9 すみだ 1 0 1 5 5 11 -6
10 宇部 0 0 0 6 5 42 -37

■次節試合日程

8月27日(土)

時間 カード 会場
10:30 立川アスレティックFC vs SWHレディース西宮 北海きたえーる
13:00 エスポラーダ北海道イルネーヴェ vs アルコ神戸 北海きたえーる

8月28日(日)

時間 カード 会場
10:30 ミネルバ宇部 vs フウガドールすみだレディース 北海きたえーる
13:00 福井丸岡ラック vs バルドラール浦安ラス・ボニータス 北海きたえーる
15:30 流経大メニーナ龍ケ崎 vs さいたまサイコロ 北海きたえーる

▼ 関連リンク ▼

▼ 関連記事 ▼

Close Bitnami banner
Bitnami