SAL

フットサル全力応援メディア

MENU

2022.09.07

湘南・ロドリゴがブラジル代表に招集!15日、18日の日本代表戦に“セレソンの一員”として出場へ

PHOTO BY高橋学

9月7日、湘南ベルマーレは、ロドリゴがブラジル代表に招集されたことを発表した。15日に島根県、18日に愛知県で行われる日本代表との国際親善試合に臨むメンバーはすでに8月6日に発表されていたが、追加での“セレソン入り”となった。

【9月8日12:00追記】
※読者や関係者の方から、本記事内容について「親善試合の出場のみであれば、A代表の国際Aマッチ公式戦ではないため、他国のA代表でプレーすることは許されている」といったご連絡・ご指摘をいただき、現在、FIFAの選手選出規定等を確認しております。続報は改めてお伝えさせていただきます。

祖国の国旗を胸に、初の代表戦へ

ロドリゴは2012シーズン、ブラジルのクラブから府中アスレティックFC(現立川アスレティックFC)に加入し、21歳の若さでFリーグデビュー。その後、デウソン神戸を経て2016シーズンから湘南に加入し、今年で6年目を迎える。

昨シーズン、クラブ史上最高となる2位でフィニッシュしたチームをけん引したのがエース・ロドリゴだった。リーグ戦22試合・22得点で初の得点王に輝いた実績はもちろんのこと、ゲームメイクやアシストでもチームに貢献した。さらに、名古屋オーシャンズ戦で見せた“超高速シザース”ドリブルからのゴールや、弾丸ミドル、ゴール後の“かめはめ波”パフォーマンスなど、リーグを象徴する選手として見る者の視線を釘付けにしていた。そんな選手が、ついに代表入りを果たした。

来日から10年の節目の年に袖を通すユニフォームは、“青色”ではなく“カナリア色”だ。

もちろん、ロドリゴの国籍は「ブラジル」であり、悲願の代表入りには違いない。それどころかこのセレソン入りには、彼自身の並々ならぬ決意を感じるようでもある。ロドリゴは、ブラジル代表を選んだのだ。

「日本は私のホームです。私はここに住むのが大好きです、私はすべての人々を愛しています。でも、この2試合でベストを尽くします」

そう語った言葉は本心に違いない。ロドリゴは数年前、日本への帰化を目指す気持ちがあると明かしてくれたこともあった。それはすなわち、日本人としてピッチに立ち、日本代表入りを目指したいという気持ちでもあった。

実際、日本フットサルの歴史でも、この10年間で森岡薫、そして今回の日本代表にメンバー入りしているピレス・イゴール、黒本ギレルメ、オリベイラ・アルトゥール、クレパウジ・ヴィニシウスが日本国籍を取得し、日の丸をつけて戦った。今では流暢な日本語を操る言動に触れるにつれ、彼がいつの日か日本代表に入るものだと、信じていた。

今回は親善試合とはいえ、FIFAデイズ内で開催される国際Aマッチであり、代表キャップに数えられる。つまり、“一度、A代表のユニフォームに袖を通して国際Aマッチを戦った選手は、他国の代表ユニフォームを着ることができない”という国際的な規定に該当するため、ロドリゴがこの先、仮に日本国籍を取得したとしても、日本代表メンバーに入ることはできないということだ。

ブラジル代表に選ばれるハードルの高さを、ロドリゴはよく理解しているはずだ。ブラジル国内リーグや欧州の上位で戦うチームの選手たちが主軸であり、それ以外の国で戦う選手にチャンスが訪れることは多くない。今回、名古屋のダルランとガブリエル・ペネジオも招集され、彼らは世代別代表に選ばれた経験があるものの“日本戦だから”ということも、選出理由にあるだろう。ロドリゴにこの先、セレソン入りのチャンスが多くはないことを考えると、今、決断が必要だったはずだ。

悲願の代表入りを果たしたこと。ブラジル代表に入ったこと。日本代表にはもう入れないこと。日本で、ブラジル代表のユニフォームを着て、日本代表と戦うこと。ロドリゴにとって、特別な思いで臨む一戦であることは間違いない。

リリースは以下の通り

この度、湘南ベルマーレフットサルクラブよりロドリゴ選手がフットサルブラジル代表に選出されましたのでお知らせいたします。

◆ロドリゴ選手
※プロフィールはこちら
https://www.bellmare-futsal.com/team/top_10.html

【コメント】
私はブラジルの代表から日本の代表と対戦するために招集を受けました。

まず、機会を与えてくれた神に感謝したいです。
神がいなければ、私はできなかったでしょう。
神は、私にベストを尽くすための毎日の力を与えてくれます。

湘南ベルマーレを代表して頑張ります。
それは私の人生で信じられないほどの瞬間です。
すべてのスタッフ、選手、伊久間監督をはじめとしたコーチングスタッフ、そして特に私のクラブである湘南ベルマーレが私に最高のものを与えてくれたことに感謝したいと思います。

日本は私のホームです。
私はここに住むのが大好きです、私はすべての人々を愛しています。
でも、この2試合でベストを尽くします。

湘南ベルマーレファンの皆様、次の2試合応援よろしくお願いします。

 

【試合日程】
9月15日(木) 19:00 vs日本代表@松江市総合体育館
9月18日(日) 13:00 vs日本代表@スカイホール豊田

▼ 関連リンク ▼

▼ 関連記事 ▼

Close Bitnami banner
Bitnami