SAL

フットサル全力応援メディア

MENU

2022.09.09

白山アスピランチ所属の髙橋康平が特別指定選手としてトップ登録!「笑顔で楽しく頑張ります」

PHOTO BY勝又寛晃

7日、ヴィンセドール白山は、下部組織である白山アスピランチに所属する髙橋康平が、特別指定選手に認定されたことを発表した。

Fリーガー輩出校としても名高い、旭川実業育ち

白山アスピランチに所属する髙橋は、2001年生まれの21歳。北海道で生まれ育ち、地元のサッカー強豪校である旭川実業高校に進学し、プレーしていた。

旭川実業は、高校サッカーの大舞台である、全国高校サッカー選手権大会の常連校だ。一方で同高校は、長年に渡りFリーガーを多く輩出しており、元フットサル日本代表の高橋健介や菅原和紀が、高校3年間を過ごした学び舎でもある。

髙橋自身も在学時には、全日本U-18フットサル選手権大会の北海道代表として出場しており、サッカー部員として活動しながら、フットサルプレイヤーとして全国大会に出場した経験を持つ逸材だ。高校卒業後、正式にフットサルに転向し、D.C旭川に入団。北海道エスポラーダセカンドを経て、今年の4月にヴィンセドール白山の下部組織である、白山アスピランチに加入した。

生まれ育った北海道を離れ、石川県・白山で過ごす初のシーズン。髙橋は、石川県リーグ1部の第4節で、2ゴール2アシストをマーク。開幕から3連敗が続いていたチームを、シーズン初勝利に導く活躍を残し、加入からわずか半年で、トップチームへの出場枠を掴んだ。

現在、白山は、8月に新型コロナウイルスの影響を受け活動停止となって以降2連敗を喫し、リーグ前半戦を折り返している。髙橋はチームの若き救世主として、Fリーグデビューを飾ることができるか。

リリースは以下のとおり

いつもヴィンセドール白山への温かいご声援、誠にありがとうございます。このたび、ヴィンセドール白山では、ヴィンセドール白山アスピランチに所属する髙橋康平選手につきまして、公益財団法人日本サッカー協会 Fリーグ特別指定選手制度に基づき、2022-2023シーズンのFリーグ特別指定選手として、正式に承認されましたのでお知らせいたします。髙橋選手、そしてヴィンセドール白山の応援を引き続きよろしくお願いいたします。

 

[ 髙橋 康平 ] TAKAHASHI Kohei
□ポジション|FP
□背番号|3
□生年月日|2001年6月18日(21歳)
□出身地|北海道
□所属元|ヴィンセドール白山アスピランチ(石川県フットサルリーグ)

□コメント|この度、Fリーグ特別指定選手として認定いただきました、髙橋康平です。このような形で登録していただき嬉しく思います。まずは、全力でプレーし、これまで携わっていただいた方々に恩返しをしたいです。家族、友人、応援してくださってるすべての方々に感謝し、笑顔で楽しく頑張ります。自分の武器であるドリブルでチームの勝利に貢献し、見ている人が楽しめ、チームが少しでも上に行き、個人としても結果を積み上げれるようにします。現状に満足せず、Fリーグで活躍するために日々の練習から全力で取り組んで行きますので、皆さまの応援よろしくお願いします。

 

▼ 関連リンク ▼

▼ 関連記事 ▼

Close Bitnami banner
Bitnami