SAL

フットサル全力応援メディア

MENU

2022.09.18

【コラム】久保建英、髙橋センダゴルタ仁胡に続くラ・マシア育ち。日本代表・原田快はブラジル相手に「ゴールを目指す」

PHOTO BY高橋学

10回、戦えば何回勝てるかという言い方は、相手との力の差を例える上で、よく使われる表現だ。フットサル日本代表にとって、フットサルブラジル代表は、20回やって一度も勝てない相手だ。

15日に行われたブラジルとの国際親善試合、日本代表は1-5と大敗した。この結果、両国の通算対戦成績は2分け18敗となっており、ブラジルは日本にとって「10回はおろか、20回戦っても一度も勝てない相手」になっている。

そんな相手に対しても、臆さずにゴールを目指す若武者がいる。現在の日本代表で最年少の原田快だ。原田が所属しているのは、スペイン2部バルセロナB。スペイン1部バルセロナのBチームであり、サッカーの安部裕葵と似た状況にある。違うのは、原田はまだ18歳であり、かつて日本代表・久保建英が、現在はU-19日本代表候補の髙橋センダゴルタ仁胡が生活する、バルセロナの下部組織「ラ・マシア」で暮らしていることだ。

取材・文=河合拓

ラ・マシアに入ること以上に、切望していたブラジル戦

中学生年代の時、スペインで行われたフットサルの大会で大活躍し、大会MVPと得点王に輝いた原田は、すぐにバルセロナのスカウト網に引っ掛かる。その後も短期の渡西を繰り返し、バルセロナU-18などの練習に参加していた。日本ではペスカドーラ町田でFリーグデビューを果たし、木暮賢一郎監督の元、代表デビューも果たしている。

今年8月に開催された第9回全日本U-18フットサル選手権では、ペスカドーラ町田U-18の2度目の全国制覇にも貢献。この時、バルサB行きはビザ待ちの状態だったが、原田が渡西よりも、強く熱望していたのが、AFCフットサルアジアカップの参戦、そして、その前のブラジル代表との国際親善試合への参戦だった。

「たとえ試合に出ることができなくても、ベンチから目の前で見ているだけでも得るものが、ものすごくあるじゃないですか? 早くスペインに行くことも大事ですが、人生でブラジル代表と対戦できることなんて、そうそうないので、できればブラジル戦、アジアカップを戦ってから、スペインに行きたいです」

その希望は叶わず、ビザが発給された8月中旬に原田はスペインへ渡った。だが、同じタイミングでスペイン1部レアル・ベティスに加入した毛利元亮を筆頭に、他のスペインリーグのクラブが日本人選手の招集に応じなかったなか、バルセロナBは原田の招集に応じ、今回のブラジル代表との国際親善試合に参加することが可能となった。

ラ・マシアに入ること以上に、切望していたブラジル代表戦。原田は15日の初戦で途中出場を果たすと、ドリブルを仕掛けて、シュートを放つ場面も見られた。経験豊富な他の選手たちが本来のプレーを見せられないなか、同じく緊張していた原田は自分の持ち味を出すところまで持っていった。

謙虚な一面を見せながらも、決して野心は隠さない

17日の公式練習を終えた原田は、初日のブラジル戦で得られたものを問われると「ブラジル代表は全員ですが、特に海外、ブラジルや欧州でプレーしている選手たちは、まったくレベルが違いました。もうちょっとレベルアップすれば、対等にできるんじゃないかと思っていたのですが、そんなのでは全くダメだと気付かされました。ブラジルは、力を出し切っていなかった。自分もそんなに出ていないですが、仮に出ていたとしても、そこまで力を出し切れたとは思えません」と、世界トップレベルの選手たちを眼前にして、大きな衝撃を受けていた。

それでも、いや、だからこそ燃えている。「もちろん、チームが勝つのが一番ですが、個人的にはゴールを目指したい。日本では、自分はドリブラーとか言ってもらえていますし、シャペウとか、ヒールリフトをしても、会場は沸くと思います。でも、記録には残らないんで。アシストしても、記録に残るのはゴール。勝つことの次に大事なのは、僕的にはゴール。どんな豪快なゴールでも、セカンドポストに詰めて合わせるだけでも、ゴールを取りたい」と、結果にこだわる姿勢を見せた。

この日、日本はブラジルを分析したうえで、細かいセットプレーの確認などをした。フィニッシャーに入る選手が置かれ、明確に『この選手に点を取らせる』という形が見えたが、そこに原田は入っていなかった。

「まだ若いので。26歳くらいになって、そこに入っていなかったら焦らないといけませんが、まだ全然、そこまでの選手ではありませんから。ドリブルとか、試合に出る時は自分の得意なところを出すことが前提になると思いますが、自分はまだ学べると思う。吉川(智貴)先生やアルトゥールのプレーを見ることも大事だと思いますし、見ていても、話していても、学べています。今は左利きのアラの3番手ですし、A代表ではドリブルしかできませんが、バルサでフットサルを学んで、バナナ(ヴィニシウス)や水谷(颯真)選手も越していけたらなと思います」

謙虚な一面を見せながらも、決して野心は隠さない。ラ・マシアに戻る前に、ブラジル戦、そしてアジアカップで、チーム最年少のレフティは、どこまで成長曲線を伸ばせるか。

▼ 関連記事 ▼

Close Bitnami banner
Bitnami