SAL

MENU

2022.11.30

【F1第14節|試合結果&順位】大阪が4戦ぶりに勝利!名古屋と浦安の上位2チームでゴールラッシュ!

PHOTO BY高橋学

11月26日、27日にFリーグ2022-2023 ディビジョン1第14節の6試合が各会場で行われた。

■全試合のハイライトダイジェスト版はこちら

磯村直樹がスーパーループシュートで今季初得点

26日には、サイクルショップコダマ大洲アリーナにてバサジィ大分vsシュライカー大阪の試合が行われた。

暫定12位の大分と、暫定9位の大阪。勝点差は11と離れているものの、下位に沈む両者にとって互いにここで勝ち星を掴んでおきたいこの一戦。

先にゴールネットを揺らしたのは、白のユニフォームを纏う大阪。4分36秒、樋口未樹也のコーナキックから、野村悠翔が右足のボレーシュートをゴールに突き刺し先制点を奪取。
さらに7分30秒には、加藤未渚実のパスを左サイドで計盛良太が受け取り、シュート。これをゴール前に詰めていた加藤翼が押し込み、追加点を奪った。

しかしゴール直後に大分ボールでゲームが再開すると、そのままパスを回され、直後に失点。1点差で試合を折り返した。

続く第2ピリオドでは、磯村直樹によるスーパーゴールが誕生した。
22分の相手のコーナーキックの場面から、ボールを回してチャンスを狙おうとしたとした大分がパスミスを犯し、ボールはサイド側でディフェンスをしていた磯村の足元へ。これをそのまま蹴りこむと、ボールは綺麗な弧を描き、直接ゴールの中へ。ほぼコートの端から端といえるロングシュートで今シーズン初ゴールをマークし、2点差に広げた。

その後は大分の攻撃も凌ぎ、そのままゲームは終盤へ。最後はパワープレーで失点するも2-3でゲームセット。敵地で貴重な勝点3を獲得し、4試合ぶりに勝利を掴んだ。

また27日の13:00から行われた、名古屋オーシャンズvsエスポラーダ北海道の対戦では、名古屋が圧倒の8得点をマーク。この2022-2023シーズンにおいて、1試合当たりの最多ゴール数を塗り替える試合を演じ、北海道に勝利。

続けて15:30に開始したボアルース長野vsバルドラール浦安の試合では、浦安が9得点と、名古屋をさらに上回るゴール数で長野に勝利。ゴールラッシュに沸く今節となった。

今節の結果は以下のとおり

試合結果

11月26日(土)

時間 カード 会場
12:05 バサジィ大分 2-3 シュライカー大阪 サイクルショップコダマ大洲アリーナ
14:30 Y.S.C.C.横浜 3-0 ボルクバレット北九州 横須賀アリーナ
17:00 立川アスレティックFC 1-1 湘南ベルマーレ 立川泉市民体育館

11月27日(日)

時間 カード 会場
13:00 名古屋オーシャンズ 8-0 エスポラーダ北海道 稲永スポーツセンター
15:30 ボアルース長野 1-9 バルドラール浦安 ことぶきアリーナ千曲
18:00 ペスカドーラ町田 2-2 フウガドールすみだ 町田市立総合体育館

■順位表

1 名古屋 37 12 1 0 49 15 34
2 浦安 32 10 2 2 45 29 16
3 町田 26 8 2 4 35 34 1
4 湘南 23 6 5 2 41 23 18
5 横浜 22 7 1 6 36 30 6
6 立川 21 6 3 5 36 30 6
7 すみだ 21 6 3 5 37 34 3
8 北海道 19 6 1 7 40 50 -10
9 大阪 14 4 2 8 34 39 -5
10 北九州 14 4 2 8 34 40 -6
11 長野 6 2 0 12 23 51 -28
12 大分 3 1 0 13 20 55 -35

次節試合日程

12月2日(金)

時間 カード 会場
17:15 ボルクバレット北九州 vs 名古屋オーシャンズ アクシオン福岡
19:30 フウガドールすみだ vs ボアルース長野 墨田区総合体育館

12月4日(日)

時間 カード 会場
12:00 バルドラール浦安 vs エスポラーダ北海道 バルドラール浦安アリーナ
14:15 シュライカー大阪 vs Y.S.C.C.横浜 岸和田市総合体育館
16:30 ペスカドーラ町田 vs 湘南ベルマーレ 町田市立総合体育館
19:00 立川アスレティックFC vs バサジィ大分 町田市立総合体育館

▼ 関連記事 ▼

Close Bitnami banner
Bitnami