SAL

MENU

2023.01.29

プレーオフ出場チームが決定!名古屋、立川、浦安で年間優勝チームを決める最終決戦へ

PHOTO BY勝又寛晃、高橋学、ABEMA

29日、Fリーグディビジョン1プレーオフに出場する3チームが決定した。

立川は3季ぶり、浦安は8季ぶりプレーオフ出場

レギュラーシーズンのリーグ戦上位3チームが出場して年間優勝チームを決定するプレーオフが3シーズンぶりに開催される。

12月28日に行われた第9節の結果により、4試合を残して名古屋オーシャンズがリーグ戦1位を決めたものの、残り2つの出場枠をめぐる熾烈な戦いが繰り広げられてきた。そんななか、1月27日から29日に行われた第21節の各試合の結果を受け、プレーオフに出場する3チームが決定した。

27日に立川アスレティックFCがボアルース長野に勝利し、かつ29日にペスカドーラ町田が名古屋に敗戦したことで、4位・町田のプレーオフ出場の可能性が消滅。立川、バルドラール浦安の3位以上が確定した。

立川は2018-2019シーズン以来4年ぶり、浦安は2014-2015シーズン以来8年ぶりのプレーオフ出場となるが、両者は最終節まで2位・3位の順位が入れ替わる可能性が残され、最後まで目の離せない戦いが続いている。

<プレーオフ準決勝>
・最大で2試合を開催し、2勝したチームがプレーオフ決勝へ進出する
・2位チームは1勝のアドバンテージを持つ
・リーグ戦2位が準決勝第1戦で勝利すれば、第2戦は開催しない
・敗戦チームは、本大会3位チームとなる

<プレーオフ決勝>
・最大で5試合を開催し、3勝したチームが年間優勝チームとなる
・敗戦チームは、本大会2位チームとなる

プレーオフは全試合ABEMAで生中継


まずは、リーグ最終節。1勝のアドバンテージを手にするのは、立川かそれとも浦安か。最終節まで見逃せない戦いが続く。

▼ 関連記事 ▼

Close Bitnami banner
Bitnami