SAL

MENU

2023.07.17

【女子F第5節|記者会見/丸岡vs西宮】天王山を前に、連戦1つ目の白星をつかんだSWHレディース西宮・上久保仁貴監督「浦安戦につながる勝ち点3と、強度の高いプレーを見せてくれた」

PHOTO BY海野伸明

7月16日、日本女子フットサルリーグ2023-2024の第5節、福井丸岡ラックvsSWHレディース西宮が行われ、0-2で西宮が勝利した。

試合後、上久保仁貴監督とキャプテンの尾川奈穂が記者会見に出席した。

女子Fリーグ2023-2024シーズン日程

結果は、ハードワークができるかできないか

SWHレディース西宮|上久保仁貴監督

──試合を振り返って。

2連戦の1戦目でしたが、今日のゲームに今持ってるものを全て出そうということを選手たちに伝えていて、それをそのまま体現してくれたゲームでした。今シーズンはハードワーク、強度の高いプレーを選手たちに要求していますが、それをゲームのなかでのいろんな局面で見せてくれました。この勝ち点3は明日につながるものだなと感じています。

──先発については、相手との相性を考えての選択でしょうか?

そうですね。今日はスタートをいつもと違うセカンドセットを出しましたが、完全にかみ合わせですね。第1ピリオドは押されても、ゼロで抑えたいというプランがあるなか、ここまでセカンドセット間での失点がないので、狙いには合うだろうという考えでした。

──第1ピリオドでは点を取ることはできなかったですが、監督が開幕からこだわっている強度の面も含め、内容自体はとてもよく、1試合のなかでやりたいことを一貫してできたように見えました。

僕自身の好きなことに関しては、もう少しクオリティをあげたいなっていう思いもあります。ただ、40分間をとおして高い強度を保つことはテーマのひとつなので、そういう意味ではおっしゃる通り第1ピリオドもやれたんじゃないかなと感じています

──もう少しクオリティをあげたい、求めたい点について、具体的に教えてください。

うちのフットサルは、人とボールを循環させるというのが、自分たちのモデルとしてはありますが、リスクマネジメントをしながら、もう少しシンプルに縦に入れることも織り交ぜていきたいです。そういう少し距離が長いパスを通すようなプレーは、どちらかというと苦手な方なんですよね。そういう部分は改善して、クオリティを上げていきたいです。

──第1ピリオドは、縦に速いプレーもできていたように見えてましたが……。

まだまだですね。まだまだです(笑)。

──明日は、バルドラール浦安ラス・ボニータス戦です。連戦の2連戦にはなりますが、すごく大事な試合だと思いますが、意気込みをお願いします。

もう相手がどこであっても、我々としては勝ち点3を積み上げていくしかないと思っています。昨年の女王と、しかも相手のホームでやれることをまずは楽しみたいなと。結果については、ハードワークができるか、できないかが一番大きなポイントになると考えています。連戦の2日目のゲームですが、選手たちもなんとか頑張ってくれるだろうという期待も含め、とても楽しみです。

前半で良かったプレーを、後半も続けられた

SWHレディース西宮|尾川奈穂

──試合を振り返って。

2連戦ですが、まずは1戦目で勝ち点3を取ることができました。監督からもハーフタイムに攻撃も守備もいいぞと声をかけてもらえて、それを後半にも続けられましたし、結果として勝ちにつなげることができて良かったです。

 

▼ 関連リンク ▼

  • Fリーグ2023-2024 試合&放送日程

▼ 関連記事 ▼