SAL

フットサル全力応援メディア

MENU

アジア王者を目指すキミたちへ
SALペディア
2018.09.08

【F1第12節/すみだ×大分】12節目にして今季初の連敗を喫した大分。「F1に残るために戦っていきたい」(大分 伊藤雅範監督)

PHOTO BY軍記ひろし

9月8日(土)、DUARIG Fリーグ2018/2019ディビジョン1の大阪共同開催で第12節・フウガドールすみだ対バサジィ大分が行われた。

第1巡目を2位で終えた大分だったが、この試合は前半2分までの間に立て続けに2失点してしまい、いきなり追う展開に。それでも果敢にカウンターやロングシュートでゴールを狙うが得点は生まれず逆に19分にさらに追加点を献上してしまい3点ビハインドで前半を折り返す。

後半も3点を取り返すために攻め続けたが逆に2失点してしまう。残り34秒に森村孝志が前線でボールを奪いゴールを決めて一矢報いたが、試合は1-5で敗れてしまった。

結果は打倒なもの

伊藤雅範監督(バサジィ大分)

少し運がなかったかなと感じますが結果は打倒なものだと思います。順位は2位ですけど、そういう力はうちにはないと選手もそこは理解しているので、それを踏まえたうえでF1に残るために戦っていきたいです。2つ目は、明日ゲームがありますので明日また違う、勝利を目指して戦いたいです。

上福元俊哉(バサジィ大分)

こういう結果ですごく残念ですが、明日また試合があるので切り替えてやっていきたいと思います。

▼ 関連記事 ▼

Bitnami