SAL

フットサル全力応援メディア

MENU

【翔太と龍太、兄弟対談/前編】9年ぶりに実現した“奇跡の共闘”の先に。「龍太は新しい時代のキャプテン」(星翔太)

PHOTO BY

2人が同じチームで結果を出すことが一番の親孝行

──ピッチではピヴォとフィクソという「縦の関係」でもありますが、同じチームでやるというのは、兄弟ならではのやりやすさもあるんですか?

龍太 翔太のポジションに一番パスを出すので、そういう意味ではどの選手よりも見ているし、安心感があります。あと、僕がミスしても他の選手よりも助けてくれます。「兄弟でピヴォとフィクソのライン」というのはいいと思いますね。

翔太 名古屋の戦術にも合っているよね。ゴールに直結するプレーを求められているので。「兄弟でピヴォとフィクソ」は他のチームにもないですし、お互いに助け合える関係性は、チームにも貢献しやすいですね。

──改めて、ビッグクラブで一緒にプレーできていることをどう感じていますか?

龍太 率直に嬉しいですよね。学年が2つしか離れていないので中学、高校でも一緒にプレーすることはありましたけど、トップレベルのリーグで同じチームでできることってそうあることじゃない。移籍する話を聞いたときは嬉しかったし、一方では、ポジションは違いますけど、負けられないなと思いました。

翔太 やっぱり特別だと思いますね。この年齢で一緒にプレーするなら代表しかないと思っていましたから。でも、拾ってもらえたチームが名古屋というのも何かの縁というか、感謝しかないですね。

──「名古屋の新加入選手として」はもちろん、「兄として」も気合が入ったのでは?

翔太 クラブ史上、初めてリーグ戦のタイトルを獲れなくて、翌年に優勝するという龍太の姿を見ていたので、一緒にやるなら最大限の助けになりたいですね。でもそもそも、僕がこのチームでプレーできることが奇跡的ですよ。若い選手と一緒に次の時代に進んでいる中で、年齢の高い僕を獲得するというのは、クラブとして難しい決断をしたことは間違いないですからね。

──長い目で見れば若手選手の獲得を考えますよね……。

翔太 それでも「フットサルを知っている」ことに関しては日本人の中でもトップ5に入ると思っています。だからこそ、若い選手に「もっとこうしてみたら?」とアドバイスすることも含めて、最大限のことをする。自分が与えられるものをすべて残したいと思っています。

──龍太さんにとっては頼もしい味方が加入しましたね。

龍太 そうですね。ピッチ外でも、若手をご飯に連れて行ってコミュニケーションを取ってくれたり、プレーで引っ張ってくれたり、すごく助かっています。特に、プレー以外の部分で選手と交流を図ってくれることは、チームにとってすごくプラスだと思います。

──ちなみに「兄弟対決」ではなく「兄弟共闘」が決まったとき、ご両親はどんな反応でした?

龍太 「すごいね!」と。2人ともプロ環境でプレーするというのは、親も夢見ていたことのようなので、その上さらに同じチームでやることになって「本当にすごいね!」って感じでした(笑)。うちの親は“バグっている”ので、感情表現がすごいんですよ(笑)。

翔太 愛があふれてるよね(笑)。

龍太 「こうなることはわかっていたよ!」みたいな。たぶん僕たちよりも嬉しいんじゃないかな。その感情がすごすぎて、逆にこっちが引いてしまう(苦笑)。でも、僕たち以上に喜んでくれる存在がいるということはありがたいですよね。一つの親孝行ができてよかったなという思いはあります。

──ご両親からしたらまさに「自慢の息子たち」ですね。

龍太 でもまだ結果が出ていないので……。

翔太 そうだね。

龍太 今シーズンしっかり優勝して、その舞台を見に来てくれたら嬉しいですね。結果として付いてこなければ意味がない。プロでやる以上、「結果」が第一にあるので、2人が同じチームで結果を出すことが一番の親孝行になるんじゃないかなと思います。

──同じチーム戦っている今、2人の目標は何ですか?

翔太 リーグ優勝。そこが最優先ですね。あとは2人で日本代表としてワールドカップに出たいという気持ちはもちろんありますし、チームのタイトルだけでなく、できれば個人のタイトルも獲りたいです。

龍太 僕はまだ代表は国内合宿までなので、まずはチームで結果を出して海外遠征に食い込めるように。個人でもチームの結果に大きく関われるように、もっと自分を出して引っ張っていくプレーが大事だと思います。フィクソというポジションは特に積み重ねが大事なので、一つひとつやっていくだけですね。

▼ 関連記事 ▼

Close Bitnami banner
Bitnami