SAL

フットサル全力応援メディア

MENU

2018.12.21

【F1第28節/町田×仙台】残留に王手をかける貴重な勝ち点3「内容も良かった試合」(仙台 ホセ・フェルナンデス監督)

PHOTO BY軍記ひろし

12月21日(金)、DUARIG Fリーグ2018/2019 ディビジョン1の第28節のペスカドーラ町田vsヴォスクオーレ仙台が町田市立総合体育館で行われ、仙台が2-1で勝利した。

引き分けを挟んで2連敗中の仙台。4試合ぶりの白星を目指した一戦は、立ち上がりから高い位置でのプレスを狙っていく。さらにミドルレンジからシュートで町田のゴールをこじ開けにかかるが、逆に12分に失点。しかし18分に右サイドのアランギタヒが針の穴を通すような斜めのパスを入れると、ゴール前の堀内迪弥がGKピレス・イゴールを交わしてシュートを蹴り込み、前半のうちに同点とした。

後半も耐える時間が続く仙台だが、集中した守りを見せる。すると27分、相手陣内右で獲得したキックインで井上卓が入れたボールが相手に当たって、GKピレス・イゴールの逆をついてそのままゴールネットを揺らした。ラッキーな形で逆転した仙台は、その後も町田の猛攻をGK税田拓基の好セーブなどで防ぐ。終盤のパワープレーも凌ぎ切った仙台が、4試合ぶりの勝ち点3を獲得した。

相手に自由を与えないプレス

ホセ・フェルナンデス監督(ヴォスクオーレ仙台)

──試合を振り返って。

今日の結果はポジティブなものでした。とても難しい試合でしたが勝ち点3を取ることができました。相手に自由を与えないように前からプレスを仕掛けました。

難しい試合でしたが、勝ち点3だけでなく良い内容だったと思います。攻撃でもボールを回せて全体的に良い試合でした。

──相手の自由を奪う守備から攻撃ではどのような形を狙っていたか。

ピヴォに当ててサポートに入る。ピヴォには(堀内)迪弥や藤山(翔太)がいます。彼らがキープできるので、ピヴォにボールを当ててしっかりとサポートしましょうと話しました。

荒巻太郎(ヴォスクオーレ仙台)

──試合を振り返って。

相手の自由を奪うようなディフェンスから素早い攻撃ができたと思います。たまに簡単にボールを失いましたが、しっかりと繋いで相手のゴールを目指す。自分たちが目指しているものが攻守にわたって40分間できたと思います。

──森岡選手とのマッチアップについて。

試合前に監督から(森岡)薫君に着くと。何年もマッチアップしてやってきましたが、ほかの3人が前線からコースを限定してくれました。なので、ゴールから遠い位置、有利な状態での一対一ができました。チームとしての守備が機能したかなと思います。

▼ 関連リンク ▼

▼ 関連記事 ▼

Bitnami