SAL

フットサル全力応援メディア

MENU

2018.12.31

【SAL記事月間ランキング2018/9月】ロベカル・フィーバーを押さえて必殺仕事人が堂々のワンツーフィニッシュ!

PHOTO BY軍記ひろし

2018年も残りわずかとなりましたが、今年もフットサル界では様々な出来事がありました。Fリーグ選抜の創設、Fリーグディビジョン2(F2)の誕生、ロベルト・カルロスのリーグ参戦、U-18女子日本代表のユース五輪銀メダル、2020年フットサルW杯の愛知招致落選、名古屋オーシャンズが無敗でリーグを独走……。そこで、SALがオープンした6月以降の月間記事ランキングで1年を振り返っていきます!

9月はロベルト・カルロス氏のFリーグ参戦にわきました。あの衝撃の2ゴールはすさまじいものでした。そのロベカル参戦前後のインタビューやコラムが人気を集めましたが、そうしたなかで堂々の1位、2位を飾ったのは、田口元気が負傷離脱中に仕掛け始めたプロジェクトへの思いに迫ったインタビューでした。星翔太の御株を奪う「プレイングワーカー」田口の生き様は、まさに未来のアスリートの姿でしょう!

ロベカルを差し置いてタグPが大人気!

第10位

【F1第13節/すみだ×湘南】PKと第2PKを決められず……。「『大薗が決めれば勝ったね』というところまで来た」(すみだ 須賀雄大監督)

《編集部一言コメント》
須賀雄大監督から大薗諒への叱咤激励。清水和也がスペインに旅立った2018年、クラブの得点力をもっとも背負っていた選手が大薗です。SAL編集部員・舞野の高校の同級生です。

第9位

ロベカル参戦の賛否両論の中、湘南・内村俊太が考える大事なことは「全力」を見せる姿勢

《編集部一言コメント》
2018年は「ロベカル論争」が一つの話題に。その中で内村俊太も男気を感じさせるコメントを残しました。

第8位

【F1第11節/町田×浜松】金山のバースデーゴールなどでホーム初勝利「攻守ともに思い通りの試合展開」(町田 岡山孝介監督)

《編集部一言コメント》
金山友紀のバースデーゴール……何歳になったと思います?1977年9月2日生まれなので、41歳です、はい。あの全速力スタイルで走り続けている驚異のオーバー40です。

第7位

【F1第11節/Fリーグ選抜×湘南】来週のロベカル参戦に「僕はジダンが好きでしたが(笑)」(湘南 刈込真人)

《編集部一言コメント》
ロベカルさん本人にはさすがに「アナタよりもジダンが好きだった」とは言えないでしょうね(笑)。

【次ページ】6位からはロベカル登場!

▼ 関連リンク ▼

▼ 関連記事 ▼

Bitnami